魚体中骨抜き器販売中

2018年04月23日

魚市場の底からこんにちは

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 280キロ、小サバ 250キロ、イナダ 90キロ、ホウボウ 50キロ
「石橋」定置:サバ 400キロ、スルメイカ 60キロ
「 岩 」定置:イシダイ 180キロ、サバ 110キロ、ヒラマサ 140キロ、小サバ 100キロ、スルメイカ 50キロ
「原辰」定置:サバ 70キロ ほか
「江の安」定:小サバ 310キロ、サバ 40キロ
「二宮」定置:イシダイ 430キロ、ブリ・ワラサ 80キロ、サバ 80キロ、イナダ 70キロ、ホウボウ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 1.4トン、メジナ 370キロ、サバ 270キロ、ワラサ 70キロ、スズキ 70キロ
「大磯」定置:サバ 350キロ、小サバ 200キロ、カタクチイワシ 100キロ、アジ 70キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 60キロ、小イサキ 60キロ
「川奈杉本」:アカカマス、クロダイ ほか
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 100キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マイワシ 280キロ
「江ノ島網」:クロダイ 75キロ ほか

和歌山船 ・・・ 釣カツオ 510キロ
         釣キハダ 1トン
         釣キンメダイ 270キロ

20180423_book.jpg今日が「サン・ジョルディの日」と知ってか知らずか、魚市場のとある岸壁に一冊の本。
誰だ?こんな所に本を置いたの?釣り人の忘れ物か、漁師の落とし物か。
そりゃ「本ガツオ」が大漁水揚げだからって、内容は・・・戦国もの?時代物?あまり面白そうではなかったか。
忙しかったので明日ゆっくり吟味するとして・・。
ということで、明日もあったらコチラで処分するので、持ち主は速やかに回収しておくよーに。
そういや魚の呼び名の中には、「カツオ」などのように似た魚が多い種類の場合、王道や主役である事を強調するかのように「本」の字を付けて呼称し、流通させる場合があるようだ。
主に魚屋などで用いられる事が多く、「本ムツ(ムツ)」や「本アジ(マアジ)」の他、「本カサゴ」、「本メバル」、「本アンコウ(キアンコウ)」、「本サバ(マサバ)」等々。定番と呼ばれる魚ほど「本」が付く場合が多いようだ。
また定番とは異なるが、中心という意味でも「本」の字は用いられ、特に地名で顕著であり、「本町」という地名は大抵の大きな自治体であれば、中心街もしくはその近くにあるのでは無いだろうか。
かく言う「(株)小田原魚市場」も、かつては小田原の中心街「本町」にあったことは、よく知られた事実であろう。
昔は港や岸壁もなく、砂浜の広がる海岸の一角であったそうだが、漁師や買い付けに来る魚商、市場や仲買関係者、さらには手伝う女衆、子どもたちで相当な賑わいだったらしい。
参考→「旧小田原魚市場跡」「かまぼこ通り今昔物語
どうせ一冊置いていってくれるなら、「日本魚類館」ぐらいにしてくれたらよかったのに。
posted by にゃー at 17:33| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

魚市場は学校じゃねぇんだよ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 210キロ、スルメイカ 80キロ、ホウボウ 50キロ
「石橋」定置:サバ 70キロ、スルメイカ 70キロ
「 岩 」定置:イナダ 420キロ、サバ 100キロ、スルメイカ 40キロ
「原辰」定置:小サバ 240キロ、メジナ 100キロ
「江の安」定:小サバ 230キロ、サバ 100キロ
「二宮」定置:イシダイ 150キロ ほか
「福浦」定置:サバ 560キロ、イナダ 320キロ、スルメイカ 40キロ
「大磯」定置:アジ 330キロ、サバ 350キロ、ヒラマサ 130キロ

伊豆方面からは、
「富戸定置」:ヒラマサ 890キロ
「熱海丸網」:アジ 300キロ
「川奈杉本」:クロダイ、アカカマス ほか
「宇佐美船」:生シラス 70キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 60キロ

和歌山船 ・・・ 釣カツオ 550キロ

来る日も来る日も、相模湾という名の先生が与える漁獲という課題。水揚げという授業の下に、与えられた問題は日々異なり、課題も多い。
しかし、解くべきであるかどうかを決めるのは、自らであり、その行動指針も個人で異なる。それは自己の意識であり、各の判断である。
そして決して求める答えはひとつではなく、答えを出すべきかどうかでも無い。
そこにあるのは、責任と言う名のエクスタシーである。
posted by にゃー at 17:09| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

やれやれ系魚市場まあだだよ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 100キロ、イナダ 40キロ、ホウボウ 50キロ、チダイ 40キロ
「石橋」定置:イナダ 40キロ、サバ 30キロ
「 岩 」定置:イナダ 260キロ、サバ 80キロ、小サバ 200キロ、スルメイカ 50キロ
「原辰」定置:小サバ 230キロ ほか
「江の安」定:小サバ 160キロ ほか
「二宮」定置:イナダ 520キロ、ワラサ 30キロ、チダイ 30キロ
「福浦」定置:メジナ 180キロ、イナダ 270キロ、サバ 160キロ
「大磯」定置:アジ 190キロ、サバ 370キロ、小サバ 220キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 320キロ、イナダ 680キロ
「宇佐美釣」:釣アブラボウズ 40キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 60キロ

真鶴の「サワラ」はデカくて太くて、大当たり。
それなのに大きすぎるとか、もう時期は終わったなんて言わないで。
良型「イナダ」もチラホラ顔出して、そろそろ風向き変わってくれるか。
それなのに「イナダ」は「イナダ」とか、まだ太りが無いなんて言わないで。
旬の「マアジ」は低空飛行が続いており、毎日捜索隊が出る始末。
それなのに「アジ」は高くて手が出ないとか、脂が無いからまだ買わないなんて言わないで。
春の漁期を迎えて、連日この有様。ピークはいつ来るのか。出遅れているのか、ためらっているのか。
気がついた時には終わってた・・にならない事を祈るばかりである。
posted by にゃー at 17:19| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

一周回って無粋な魚市場の話

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 60キロ、スルメイカ 70キロ
「石橋」定置:サバ 150キロ、スルメイカ 50キロ
「 岩 」定置:ワラサ 60キロ、サバ 90キロ、スルメイカ 380キロ、小サバ 90キロ
「原辰」定置:小サバ 140キロ、サバ 60キロ
「江の安」定:小サバ 640キロ、スルメイカ 30キロ
「二宮」定置:ワラサ 140キロ、アジ 240キロ、サバ 340キロ
「福浦」定置:サバ 670キロ ほか
「大磯」定置:アジ 200キロ、サバ 110キロ、アカカマス 100キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 800キロ
「熱海丸網」:アジ 190キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 230キロ

小田原はすっかり初夏。
水温回復、潮も安定、波は穏やか、あとは魚が獲れるだけ。
の結果がこれ。誰が悪いわけでもない。
この逆境下、仕事に精を出す業界関係者、皆に頭の下がる思いである。
posted by にゃー at 21:16| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

獲ぬなら獲るまで待つ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ホウボウ 220キロ、小サバ 250キロ、サバ 90キロ、チダイ 50キロ
「石橋」定置:ホウボウ 160キロ、小サバ 140キロ、スルメイカ 60キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 350キロ、ホウボウ 170キロ、
「原辰」定置:メジナ 90キロ、小サバ 580キロ、カワハギ 50キロ、サバ 50キロ
「江の安」定:小サバ 140キロ、イシダイ 30キロ
「二宮」定置:イシダイ 360キロ、アジ 170キロ、サバ 90キロ、ワラサ 120キロ
「福浦」定置:イナダ 460キロ、イシダイ 100キロ、サバ 200キロ、ワラサ 70キロ
「大磯」定置:アジ 400キロ、サバ 500キロ、アカカマス 70キロ

伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣アブラボウズ 40キロ
「網代定置」:スルメイカ 400キロ
「宇佐美船」:生シラス 40キロ
「山下丸網」:ブリ・ワラサ 1.2トン

東方面からは、
「江ノ島網」:メジナ 80キロ、クロダイ 80キロ、スズキ 40キロ

和歌山釣・・・釣キハダ 590キロ、釣カツオ 50キロ

本日、1616年に無くなった家康の命日。
昨日まであれほど泳いでいた「マダイ」が姿を消した。
ひょっとして、これは鯛の天ぷらにあたって死んだという家康の呪いなのだろうか?
獲れぬのなら、獲れるまで待つ、謙虚な姿勢が勝利を招く。
その教えを胸に、木曜からの大一番に挑む。
posted by にゃー at 15:44| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

ふつくしい魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 370キロ、小サバ 160キロ、ホウボウ 180キロ、スルメイカ 80キロ
「石橋」定置:ワラサ 120キロ、サバ 100キロ、小サバ 160キロ
「 岩 」定置:ブリ・ワラサ 2.2トン、サバ 120キロ、アジ 60キロ、ホウボウ 60キロ
「原辰」定置:小サバ 980キロ、サバ 160キロ
「江の安」定:サバ 40キロ ほか
「二宮」定置:アジ 210キロ、マダイ 120キロ、カワハギ 70キロ、ワラサ 100キロ、ホウボウ 60キロ、イナダ 40キロ、ヒラメ 40キロ
「福浦」定置:サバ 670キロ、カガミダイ 40キロ
「大磯」定置:アジ 160キロ、ボラ 50キロ、カタクチイワシ 50キロ、ワラサ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ・ワラサ 750キロ
「川奈杉本」:クロダイ 50キロ ほか
「宇佐美船」:生シラス 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マルアジ 400キロ ほか

和歌山船 ・・・ 釣カツオ 250キロ
大島釣船 ・・・ 釣キハダ 120キロ

20180416_0604aol.jpg昨今「たまねぎヨーグルト」なる食べ物がダイエット方面を中心に流行ってるんだとか。
であれば、「ワラサきなこ」とか、「練乳アオリイカ」なんてのもありそうだ。実際、食欲が落ちるという点でダイエット効果があるかも知れないが、体に良いかどうかは保証しかねる。
20180416_0830teso.jpg最近はどうやら、「二宮」方面が調子よい。相模湾のどん突きとも言うべき、最奥に位置する定置網。
どうやら東からの潮流と西からの相反する潮流が上手い具合に溶け合って、最高のハーモニーを奏でているようだ。
この頃、何かと冷え込んでいるというアナタ、上手く行く秘訣を定置網に相談に行くと良いだろう。
posted by にゃー at 17:54| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする