2018年04月02日

魚市場で一緒に迷子になろう

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ・ワラサ 1.1トン、サワラ 380キロ、小サバ 800キロ、サバ 160キロ、アジ 90キロ、ホウボウ 50キロ、マダイ 40キロ
「石橋」定置:ブリ・ワラサ 390キロ、スルメイカ 120キロ、小サバ 530キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 470キロ、サバ 400キロ、アジ 90キロ、ヤリイカ 60キロ、ブリ 50キロ、ホウボウ 40キロ
「原辰」定置:ヤリイカ 170キロ、サバ 140キロ、ウマヅラハギ 50キロ、メジナ 40キロ
「江の安」定:アジ 150キロ、サバ 100キロ
「二宮」定置:イシダイ 290キロ、ブリ・ワラサ 300キロ、サバ 240キロ、アジ 300キロ、マダイ 55キロ、ボラ 40キロ
「福浦」定置:ブリ・ワラサ 720キロ、イナダ 1.7トン、イシダイ 120キロ、サバ 210キロ
「大磯」定置:アカカマス 600キロ、アジ 510キロ、サバ 120キロ、カタクチイワシ 110キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 1.4トン、ブリ 60キロ
「網代定置」:ワラサ 1.8トン、サワラ 400キロ
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 45キロ ほか
「川奈杉本」:クロダイ 340キロ、アジ 130キロ、ボラ 40キロ、メジナ 40キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 240キロ、アジ 230キロ

20180402_1148brd.jpg年度最初の開市日は、歓迎感謝の大漁御礼祭。「地ブリ」に「サワラ」に「小田原アジ」に「マダイ」。
各方面から魚が集まり「一体どれを買ったいいの!?」と喜びの悲鳴を頂いております。
20180402_0931awb.jpg「でもお高いんでしょう?」の声に、「おまかせ下さい」と胸を叩けば、たちまちキラキラと輝き始めるその目、目、目。次の瞬間、声が早いか、手が早いか、はいはい並んで〜の声も虚しくかき消され、あっと言う間に無くなる魚、魚、魚。
20180402_1146swl.jpg綺麗サッパリなくなりました。
これで明日も大漁だって、大丈夫。受け入れ体制、整いました。
1000本ノック、バッチ来〜い!
posted by にゃー at 16:46| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする