2018年04月07日

減減減の魚市場太郎

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワラサ 300キロ、サバ 100キロ
「石橋」定置:ワラサ 210キロ、ホウボウ 80キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 600キロ、サバ 160キロ、ワラサ 110キロ
「原辰」定置:サバ 60キロ、ヤリイカ 40キロ
「江の安」定:メジナ 120キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ 55キロ ほか
「川奈杉本」:クロダイ 310キロ、イナダ 65キロ、メジナ 55キロ

東方面からは、
「江ノ島網」:クロダイ 50キロ、メジナ 80キロ

20180407_0558.jpg今朝は、獲れてる定置網3箇統が荒天休漁で「減減減」。
辛うじて水揚げた地元定置では、8頭身の猫娘に負けない良型「ワラサ」とシルエットがネズミ男似の「スルメイカ」、ぬりかべの様な「マンボウ」、海の黒坊主「メジナ」などが獲れて形にはなったが、魚種の縮小とボリュームダウンが否めない内容に、市場全体に不安の雲がよぎった。
20180407_0610mpo.jpgしかし花見も終わり、学校も始まったタイミングで、寒気の南下も受けて市況は低迷傾向。
併せて週末の寒波も気になる所だが、比較的天候は安定するので、週明け定置網の皆勤と大漁報告はつとに期待される所である。
posted by にゃー at 14:58| Comment(2) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする