魚体中骨抜き器販売中

2018年04月13日

四畳半魚市場神話大系

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 100キロ ほか
「石橋」定置:小サバ 140キロ、サバ 130キロ
「 岩 」定置:メジナ 60キロ、サバ 70キロ
「原辰」定置:小サバ 2.7トン、サバ 50キロ
「江の安」定:サバ 70キロ、スルメイカ 30キロ
「二宮」定置:イシダイ 300キロ、ブリ・ワラサ 120キロ、アジ 80キロ、サバ 70キロ、ウマヅラハギ 80キロ、メジナ 60キロ、ホウボウ 60キロ、カワハギ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 280キロ、イシダイ 40キロ
「大磯」定置:アカカマス 240キロ、アジ 200キロ、小サバ 450キロ、サバ 380キロ、イナダ 120キロ

和歌山船 ・・・ 釣キハダ 1.1トン

20180413_1236rabca.jpg「小サバ」の姿は見えど「小田原アジ」の姿、まるで見えず。
相模湾沖を泳ぐ「アジ」へ告ぐ。もう少し岸に寄っておいでよ。きっと良い事あるかもよ。
20180413_0547pokan.jpg同じ岸に寄ってくるでも、「ラブカ」ばかりじゃ喜ぶのは水族館ばかりなり。
魚が少なけりゃ、仕事探しに総出で出動。店番するのも楽じゃ無いと言うが、20180413_0428esa.jpgエサに掛かった「マグロ」も、後から「サメ」に喰われりゃ浮かばれぬ。
方や、深海から浮かんでくるのは「イバラヒゲ」っていう。20180413_0717ibra.jpg「小田原アジ」もそうですが、「紅い魚」はどこへ行ってしまったのでしょうか?まるで相模湾に魚がいなくなってしまったかのようです。
これ笑い事じゃなく、真剣な話。
posted by にゃー at 15:26| Comment(4) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする