2018_fespos.jpg

2018年04月20日

やれやれ系魚市場まあだだよ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 100キロ、イナダ 40キロ、ホウボウ 50キロ、チダイ 40キロ
「石橋」定置:イナダ 40キロ、サバ 30キロ
「 岩 」定置:イナダ 260キロ、サバ 80キロ、小サバ 200キロ、スルメイカ 50キロ
「原辰」定置:小サバ 230キロ ほか
「江の安」定:小サバ 160キロ ほか
「二宮」定置:イナダ 520キロ、ワラサ 30キロ、チダイ 30キロ
「福浦」定置:メジナ 180キロ、イナダ 270キロ、サバ 160キロ
「大磯」定置:アジ 190キロ、サバ 370キロ、小サバ 220キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 320キロ、イナダ 680キロ
「宇佐美釣」:釣アブラボウズ 40キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 60キロ

真鶴の「サワラ」はデカくて太くて、大当たり。
それなのに大きすぎるとか、もう時期は終わったなんて言わないで。
良型「イナダ」もチラホラ顔出して、そろそろ風向き変わってくれるか。
それなのに「イナダ」は「イナダ」とか、まだ太りが無いなんて言わないで。
旬の「マアジ」は低空飛行が続いており、毎日捜索隊が出る始末。
それなのに「アジ」は高くて手が出ないとか、脂が無いからまだ買わないなんて言わないで。
春の漁期を迎えて、連日この有様。ピークはいつ来るのか。出遅れているのか、ためらっているのか。
気がついた時には終わってた・・にならない事を祈るばかりである。
posted by にゃー at 17:19| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする