2018_fespos.jpg

2018年04月28日

オニオコゼ


20180414_0431okz.jpg
魚の持つ毒の中でも最強の部類

その形相からも想像できる名前

「オニオコゼ」

漢字で書くと「鬼虎魚」

体色にいろいろな迷彩のバージョンがあり

201804_okonano.jpg
20180406_0552okz.jpg
20180426_09okko.jpg
赤褐色や黄灰色、焦茶色など獲れた海域
季節、魚の気分により様々。

ひしゃげた顔と大きな口、
大きく開く背びれと胸びれが
特徴で、背びれのトゲには
毒腺が仕込まれている。

刺され、
毒を体内に注入されると
激しい痛みに襲われ、
神経麻痺や呼吸困難を
引き起こし
アナフィラキーショックに
陥る場合もあるとされる。

20180426_09okkoo.jpg背中にそびえる背びれのトゲは、怒った時にはピンと立て、前後に拡大するだけでなく、左右にも広がってあらゆる方向にトゲが向くようになっている。
その為、うっかり手を伸ばそうものなら、魚がピクッと動いただけでも指に刺してしまおうという位の臨戦態勢を備えている。

万が一、刺された場合には、
速やかに傷口を洗い、
止血しながら
毒の入った血液を
体外に出すことが
肝要である。

毒が残っている場合、
毒の成分がタンパク毒であることから、
熱変性する性質を利用して
熱いお湯(60℃くらいが望ましい)で
患部を暖め、
毒を鎮静させる
(やけどには十分注意)

それでも痛みは
容易に消えないので、

必要とあらば、

ためらいなく
119番へ電話するか、
最寄りの病院へ
向かうことをお奨めする。

ちなみに私は

今まで3名の毒針の餌食

そして

救急車で運ばれた人間を

知っている。

20180604_golde.jpg
こちら珍し、金色個体
.
posted by にゃー at 18:34| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場で復活期待されるアバ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 500キロ、サバ 80キロ ほか
「石橋」定置:サバ 150キロ ほか
「 岩 」定置:サバ 100キロ、スルメイカ 50キロ、アジ 50キロ
「原辰」定置:アジ 130キロ、ヒラマサ 150キロ、メジナ 120キロ
「江の安」定:アジ、サバ ほか
「二宮」定置:アジ 230キロ、サバ 150キロ、ワラサ 150キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 70キロ、イナダ 80キロ、イシダイ 70キロ
「大磯」定置:アジ 300キロ、サバ 490キロ、小サバ 180キロ、カタクチイワシ 70キロ

伊豆方面からは、
「赤沢定置」:サバ 420キロ、小サバ 2.9トン、ヒラマサ 100キロ
「富戸定置」:ワラサ 310キロ、小サバ 110キロ
「川奈杉本」:サバ 70キロ ほか
「宇佐美船」:生シラス 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:サバ 50キロ ほか

和歌山船 ・・・ 釣カツオ 700キロ

新曲を吹き込んだと言われる「ABBA」だが、小田原で「ABBA」と言えば、もちろん「アジ」+「サバ」。
春の声を聞く3月頃から両者共に水揚げを増やすべき、言わずと知れた小田原を代表する地魚のコンビである。
しかし4月に入って獲れているのは、「小サバ」中心であって、辛うじてその中に「マサバ」が多めに推移してはいるものの、小田原方面を中心に「マアジ」の低空飛行が相変わらず続いている。
そして来週、盛期の5月を迎えるにあたり、いよいよ貧漁で終始する不安がますます拡大してきている。
春前の水産試験場の水揚げ予報では「アジ=多め」と出ていた気もするのだが、この際、皆で「ダンシング・クイーン」でも唄って、踊って忘れることに致しましょう。
posted by にゃー at 18:01| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする