2018_fespos.jpg

2018年05月01日

きらぼし魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.5トン、サバ 700キロ、アジ 190キロ、小ムツ 310キロ、ヒラマサ 550キロ、ワラサ 530キロ、カイワリ 85キロ、マンボウ 50キロ、イナダ 50キロ、ホウボウ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 3トン、サバ 120キロ、スルメイカ 80キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 420キロ、小サバ 1.1トン、サバ 720キロ、アジ 60キロ
「原辰」定置:サバ 330キロ、小サバ 330キロ、アジ 200キロ、マンボウ 50キロ、メジナ 65キロ、カタクチイワシ 40キロ
「江の安」定:サバ 350キロ、アジ 30キロ、スルメイカ 40キロ
「二宮」定置:アジ 460キロ、サバ 220キロ、小サバ 240キロ、メジナ 40キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 870キロ、サバ 1.1トン、アオリイカ 380キロ
「大磯」定置:アジ 500キロ、サバ 540キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ヒラマサ 650キロ
「福浦沖曳」:生シラス 110キロ
「宇佐美船」:生シラス 100キロ

和歌山船・・・釣カツオ 900キロ、釣キハダ 1.1トン

綺羅星の如く、鮮度抜群の銀鱗輝く、煌びやかな旬魚たち。
今朝も魚市場の岸壁にこれでもかと並びました。
後から後から出てくる出てくる。
特に今朝の特筆は、相次いだ「でっかいマンボウ」と各地に顔を見せた「でっかいヒラマサ」、さらに久々のでっかい漁となった「アオリイカ」であろう。
いずれも今が旬の高級魚介となれば、引く手あまたの引っ張りだこ。あまったら頂戴の声に、逆に足りないくらいと言えば、また明日頼むの声。
リピーター必至。連休明けとは言え、このボリューム。
いよいよ小田原の海が本気を出した。
posted by にゃー at 15:59| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする