2018年06月23日

魚市場の少魚週末旅行

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 160キロ、サバ 120キロ
「石橋」定置:サバ 80キロ ほか
「 岩 」定置:サバ 150キロ ほか
「原辰」定置:小サバ 120キロ、ウルメイワシ 50キロ
「江の安」定:マイワシ 510キロ、カタクチイワシ 80キロ、ウルメイワシ 80キロ
「二宮」定置:マイワシ 1.8トン、サバ 200キロ、ウルメイワシ 160キロ
「福浦」定置:ワラサ 4.5トン、イナダ 870キロ
「大磯」定置:マイワシ 840キロ、ワカシ 320キロ、アジ 40キロ

和歌山船・・・釣カツオ 1.1トン、釣キメジ 200キロ

20180623_04asa.jpg村下孝蔵は、「初恋」で「夕映えはあんず色〜」と唄ったが、今朝の漁港はまるで加トちゃんの「ちょっとだけヨ」を思わせる妖艶な色の朝焼けに染まった。
20180623_0601.jpgその予感通り、水揚げはどこも「ちょっとだけヨ」。
相変わらず「福浦」の「ワラサ」と、「イワシ」の群れだけは安定しているが、「あんたも好きねェ」と言われながらも、市場に足が向いてしまう全ての魚屋に捧げる高値が象徴的な一日となった。
posted by にゃー at 15:55| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

朝の魚市場フォーメーション

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 160キロ、アカカマス 80キロ、ウルメイワシ 50キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 40キロ、サバ 40キロ
「 岩 」定置:カツオ 80キロ、サバ 70キロ、アカカマス 70キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ、マイワシ ほか
「江の安」定:マイワシ 400キロ、ウルメイワシ 200キロ、カタクチイワシ 60キロ
「二宮」定置:マイワシ 500キロ、ウルメイワシ 130キロ
「福浦」定置:シイラ 190キロ、イナダ 150キロ、ワラサ 50キロ、小ムツ 50キロ、マイワシ 100キロ、カツオ 40キロ
「大磯」定置:ワカシ 650キロ、サバ 50キロ

伊豆方面からは、
「福浦沖曳」:生シラス 30キロ
「川奈杉本」:メジナ、アカカマス ほか

20180622_0540come.jpg今朝の基本戦略は「イワシ」のフォワード・ワントップで、オフェンシブハーフに「ワカシ」と「サバ」、サイドに展開する「シイラ」と「イナダ」、そして快足「カツオ」くんで攻めを固めて、守備にゾーンプレスを主軸に置いた「カマス」、「シラス」に「小ムツ」と「メジナ」でプレッシャーをかけに行く。
狙った水揚げ、4-2-3-1システム。
20180622_0522.jpg攻撃的青魚一色に染まりつつも戦力ボリュームは縮小傾向。
主力の「小田原アジ」が控えに廻っている現状では、強気の展開を期待するのは酷なもの。
明日の焦点は、入船「釣カツオ」と定置の「カツオ」の一対一。
個の戦いに求められる突破力とフェイント力。勝負所をチャンスと捉え、大きく前進させる力が求められる。
ボールと友達になれるのは、果たしてどちらか?
posted by にゃー at 16:11| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

イスズミとテンジクイサキ


今日は馬鹿でかい
「イスズミ」が
いたんですって

ということで、

コチラ
201411_isuzum.JPG
イスズミ

かたや
201411_tenjiku.JPG
テンジクイサキ

パッと見、一緒

どちらも
模様がよく似ています

見分けは

尻ビレ


イスズミ


テンジクイサキ


当然、どちらも
イスズミ属ですから
似ていて当然

他にも

よく似た魚に

「ミナミイスズミ」と
「ノトイスズミ」と言う魚

がいる・・らしい

そうなると
もう見分けは

難しい

市場レベルでは
とうてい
同定不可能となる
.
posted by にゃー at 17:46| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場デザイアー情熱ー

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 90キロ、ヤマトカマス 50キロ
「石橋」定置:アカカマス 270キロ、サバ 180キロ
「 岩 」定置:シイラ 580キロ ほか
「原辰」定置:シイラ 80キロ、マイワシ 50キロ、ヤマトカマス 50キロ
「江の安」定:小サバ 100キロ ほか
「二宮」定置:イワシ混 1.5トン、サバ 150キロ、マルアジ 85キロ、サバフグ 70キロ、ワラサ 50キロ
「福浦」定置:ワラサ 1.7トン、イナダ 1.7トン、メジナ 100キロ
「大磯」定置:ワカシ 210キロ、サバ 80キロ、アカカマス 60キロ、アジ 45キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 130キロ、ワラサ 110キロ、サワラ 80キロ
「沼津底曳」:マダイ 70キロ ほか
「福浦沖曳」:生シラス 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 310キロ
「江の島網」:サバ 220キロ

和歌山船・・・釣カツオ 500キロ、釣キメジ 50キロ

♪アジの見えない時代の恋人たち・・と表現したアジ燿子、いや阿木燿子。先生を称して天才というのなら、世の中の天才は皆、凡人である。
「アジ」にしても「カマス」にしても、欲しいときに限って少ない。
情熱だけが先走る法則に、人々は祈る。日頃の自らの行いと地魚への忠誠を。
雨が降ると魚の動きも鈍くなるのか、網への魚の入りも悪くなる印象だが、特に「アジ」の姿が見えにくいのは気のせいか。
”本気”と書いて「マジ」と読む20180621_0547hgtw.jpg
”本稀”と書いて「アジ」と読む
”深谷”と書いて「ネギ」と読む
”方三”と書いて「ホウサン(ハガツオ)」はヤムヤム
”歳三”と書いて150回忌を迎えた「ラストサムライ」を詠む。
posted by にゃー at 16:30| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

万引き家族のいる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバフグ 280キロ、アカカマス 170キロ、サバ 150キロ、ウルメイワシ 50キロ
「石橋」定置:ワカシ 130キロ、サバフグ 90キロ、マイワシ 80キロ、サバ 60キロ
「 岩 」定置:シイラ 290キロ、アカカマス 180キロ、サバフグ 50キロ、サバ 50キロ
「原辰」定置:マイワシ 190キロ、シイラ 130キロ
「江の安」定:マイワシ 240キロ、シイラ 120キロ、ウルメイワシ 70キロ、カタクチイワシ 60キロ
「二宮」定置:マイワシ 1トン、アカカマス 120キロ、カタクチイワシ 90キロ
「福浦」定置:ハガツオ 120キロ、アカカマス 130キロ、マイワシ 150キロ、マルアジ 70キロ、小ムツ 80キロ、サバ 60キロ
「大磯」定置:マイワシ 360キロ、ワカシ 170キロ、アジ 110キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ワラサ 75キロ

20180619_0600cra.jpg夏の風物詩と言えば「花火」と「シイラ」と「スイカ割り」。
地方によっては「マンリキ」や「マンビキ」など呼ばれる夏魚平均相場下落の常習犯。
エメラルドグリーンの魚体は、まさに黄色とブルーのせめぎ合い。
今朝など大きな家族が迫ってきているのか、小田原周辺の定置網で相次いで獲れていたようである。ちなみに香川ではあまり獲れない。
獲れ始めるとまとめて獲れるようになる為、安い魚の代名詞とも言われがちで「ボラ」や「ニザダイ」などと共に、大きいだけの「三文オペラ」と表されがちだが、なかなかどうして出始めは手頃な大きさが多く、普段使いで使い切れない店や人でも普通に一本、刺身に切り身、揚げ物にと使えちゃう意外に重宝な魚でもある。
20180619_clear.jpg他にも「ワラサ」の消えた「福浦」では、今朝は小型(約600g前後)「ハガツオ(ホウサン)」が出現するなど、「パワー・オブ・黒潮」の影響と思われる変化の兆しが見られた。
明日以降、回復した天候は下り坂ということだが、明日の休みでどこまで魚を貯める事が出来るか、はたまた魚の変化を更に引き起こす事が出来るのか、注目は集まる。
posted by にゃー at 23:00| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

小田原で獲れるエビの仲間


まず「海老」と「蝦」の違いについて


海中を歩くイセエビなどの
大型のエビを
「海老(蛯)」

2001_ab2.jpg

主に泳ぐクルマエビの仲間や
サクラエビなどを
「蝦(A)」と称します。

20180310_0558.jpg

今回、特集するのは

いわゆる「蝦」。

小田原漁港で見られる
蝦の仲間になります。
(特にクルマエビ科に属するもの)


ちなみに
冷凍で輸入されるエビの
主要種は、

ブラックタイガーや
バナメイエビが
よく知られていますが、

そのどちらも

クルマエビ科に属している

蝦の仲間になります。

--------------------------------------

クルマエビ
2018_krm.jpg

独特の縞模様は

遠くから見ても

それとハッキリ判る程。

見た目も良ければ
食べても美味い。

甘さは、
まるでデビュー直後の
郷ひろみの歌声の様だし

柔らかい歯応えは
上質の蒲鉾の様に
プリッとしている。

それでいてしっとり、
ふんわり仕上がる身質は
最高と言われる所以。

強烈なエビの風味は
輸入物とは
比較にならない程で

頭の味噌の滋味や
殻の薄さ、香ばしさ、
そのどれもが一級品。


クルマエビ科のエビ
全般に言える特徴であるが

刺身で良し、
焼いて良し、
茹でて良し、
揚げて良し、
あらゆる料理に万能で
間違いなく美味しい
エビたちばかりである。

中でも
「クルマエビ」は
そのどれもが
一位にランクされる
王様的存在である。

相模湾沿岸に生息する

「クルマエビ」は、

かつては
ひと網
数十〜百キロ
獲れたと言われ、

有数のエビの宝庫

であったが、

今やその面影すらない・・

寂しいことであるが、

現実である。

しかし
種は細々とつないでおり、

今でも時折、
定置網や刺し網に掛かる

100gを超える大物は
キロ単価5桁必至の

超が付く高級品である。

養殖の「クルマエビ」は
日々、沖縄や九州から
届けられており、
安定的に売っている。

オイシサも充分、
天然に匹敵するもので、
まずは養殖モノを
手に入れることをお奨めする。

--------------------------------------

フトミゾエビ
201310_futom1.JPG
相模湾で獲れる
黄色いエビといえば

この「フトミゾエビ」です。

頭頂部を前後に貫く
太い溝が名前の由来
201310_futom2.JPG

メタリカルな色彩は独特で、
その味わいも
エビらしい滋味に
溢れています。

刺し網や定置網で獲れますが、
滅多に獲れないので、見掛けたら
千載一遇のチャンスです。

めぐり逢った
この時を忘れない
ずっと ずっと
(by 白井貴子)

是非、
手に入れてみてください。

--------------------------------------

ウシエビ
2013_usshsh.JPG

いわゆる
地物の
ブラックタイガーです

相模湾にもいるんです

黒っぽい殻の色
赤い脚と甲羅の太い
クリーム色のバンドが
目印

東京湾が生息の北限とされ

刺し網や定置網で獲れるが、
やはり滅多に獲れません。

貴重な一本

獲れるときは
比較的大型が多い

そんな気がする〜

--------------------------------------

クマエビ
20180615_0605abc.jpg

九州などでは

「アシアカ(アカアシ)」など

呼ばれていますが、

インドネシア周辺の
天然物も輸入され
「イリアン・タイガー」や
「フラワーエビ」として
冷凍物が出回っています

味について
「クルマエビ」と比較して
「ル」の抜けた味
と良く言われるが、

言葉ひとつ足りないくらい
笑顔一つ忘れただけで
ほんのすこしの
すれ違いだけで
全部あきらめてしまうのか
(by B'z 稲葉浩志)

と言うくらい(?)に
味など比較するのは
もったいない話

最近は小型のものが
多少獲れることがあり、

唯一まとまる可能性を
秘めた種として
密かに期待している・・

--------------------------------------

ヨシエビ

小田原で
確認できたのは
この10年で

一本のみ

20170926_abichans.jpg

この写真の一番上
「ヨシエビ」
(下は「フトミゾエビ」
と「クマエビ」)
である。

日本での分布は
東京湾以南といわれ
瀬戸内海や
三河湾、伊勢湾
などで漁が行われている

近年は
その数の減少が
著しく、
一部では
幻となりかけている

積極的な
種苗放流も
行われているようで

その成果が
期待されている

関西では
「シラサエビ」の方が
通りが良い様である

--------------------------------------

いつからエビと言えば「ブラックタイガー」という時代になったのか、今では「バナメイエビ」が幅を利かせてきたと言っても、国産エビといえば養殖の「クルマエビ」が一部の高級店に流通する程度である。
一般家庭で「エビ」と言えば、スーパーで売っているパックされた頭のない冷凍エビが主流だろう。

昔から日本の沿岸各地で「エビ類」は獲れてはいたとしても、冷凍や流通技術の限界もあって漁師町の周辺でのみ消費されており、内陸部までその食文化を広げることは出来ず、戦後、その不毛地帯に入り込んだ冷凍輸入エビのインパクトは、想像以上のものであったろう。

その食文化を今さら変えることは出来ないが、その輸入されたエビを口にする中で、日本の海にも同類の「エビ類」が生息しており、その数を減らしつつある中、自分たちの暮らしている街の海でも「エビ類」を獲る為に底曳きや刺し網漁業が続けられていることを少しでも思い出して欲しいと願っている。

main@2x.png願わくば、ご当地へ出向き、そこで漁獲された「エビ類」を見つけ、その鮮度と地方の味覚を味わって欲しいとも思うのである。

それは小田原でも同じ事で、地魚だけではない相模湾の魅力がまだまだあることを知って、心の底から満喫して頂きたい、という願いにつながっているのである。
.
posted by にゃー at 16:40| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする