2018年06月03日

コノシロ

20180602_kono46.jpg
魚偏に祭、魚偏に冬

魚偏にLED

光り物の代表選手
「コノシロ」

本来なら
初夏の味覚
「コハダ」を
紹介すべき季節
ですが、

今年はなぜか
今、

「コノシロ」が
獲れてます。

本当なら

「シンコ」6〜7月

「コハダ」7〜8月

「ナカズミ」9〜10月

「コノシロ」11月〜

と成長につれて
漁獲され、
名前と旬の変わる
出世魚ですが、

今年はいきなり
「コノシロ」です

新人じゃないって事は
「即戦力」!?

いえ

どちらかというと
「コノシロ」の世界では

新入社員が尊ばれ

老害社員は
「骨っぽい」とか
「食べにくい」と嫌われ、

今や

人気の無い魚

上位

にランクされて
しまいます

昔は
酢の物や江戸前寿司
の定番で、

なくては
ならない魚
だったのですが、

今では
めっきり
人気がなくなりました・・

その昔
「我が児の身代わり」

「子之代」=「コノシロ」
と呼ばれた魚が

「サーモン」等に
定番ネタの座を
奪われている
のでしょうか?

まさか
「赤肉メロン」を
「コノシロノシロ」
と呼ぶ日が来る
わけじゃない
ですよね?
.
ラベル:定置網漁業 地魚
posted by にゃー at 00:37| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする