2018_fespos.jpg

2018年06月21日

イスズミとテンジクイサキ


今日は馬鹿でかい
「イスズミ」が
いたんですって

ということで、

コチラ
201411_isuzum.JPG
イスズミ

かたや
201411_tenjiku.JPG
テンジクイサキ

パッと見、一緒

どちらも
模様がよく似ています

見分けは

尻ビレ


イスズミ


テンジクイサキ


当然、どちらも
イスズミ属ですから
似ていて当然

他にも

よく似た魚に

「ミナミイスズミ」と
「ノトイスズミ」と言う魚

がいる・・らしい

そうなると
もう見分けは

難しい

市場レベルでは
とうてい
同定不可能となる
.
posted by にゃー at 17:46| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場デザイアー情熱ー

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 90キロ、ヤマトカマス 50キロ
「石橋」定置:アカカマス 270キロ、サバ 180キロ
「 岩 」定置:シイラ 580キロ ほか
「原辰」定置:シイラ 80キロ、マイワシ 50キロ、ヤマトカマス 50キロ
「江の安」定:小サバ 100キロ ほか
「二宮」定置:イワシ混 1.5トン、サバ 150キロ、マルアジ 85キロ、サバフグ 70キロ、ワラサ 50キロ
「福浦」定置:ワラサ 1.7トン、イナダ 1.7トン、メジナ 100キロ
「大磯」定置:ワカシ 210キロ、サバ 80キロ、アカカマス 60キロ、アジ 45キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 130キロ、ワラサ 110キロ、サワラ 80キロ
「沼津底曳」:マダイ 70キロ ほか
「福浦沖曳」:生シラス 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 310キロ
「江の島網」:サバ 220キロ

和歌山船・・・釣カツオ 500キロ、釣キメジ 50キロ

♪アジの見えない時代の恋人たち・・と表現したアジ燿子、いや阿木燿子。先生を称して天才というのなら、世の中の天才は皆、凡人である。
「アジ」にしても「カマス」にしても、欲しいときに限って少ない。
情熱だけが先走る法則に、人々は祈る。日頃の自らの行いと地魚への忠誠を。
雨が降ると魚の動きも鈍くなるのか、網への魚の入りも悪くなる印象だが、特に「アジ」の姿が見えにくいのは気のせいか。
”本気”と書いて「マジ」と読む20180621_0547hgtw.jpg
”本稀”と書いて「アジ」と読む
”深谷”と書いて「ネギ」と読む
”方三”と書いて「ホウサン(ハガツオ)」はヤムヤム
”歳三”と書いて150回忌を迎えた「ラストサムライ」を詠む。
posted by にゃー at 16:30| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする