2018年06月29日

オールシーズン魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イワシ混 1トン、ウルメイワシ 160キロ、サバ 450キロ、スルメイカ 50キロ
「石橋」定置:イワシ混 420キロ、ウルメイワシ 100キロ、サバ 70キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ワカシ 200キロ、サバ 70キロ、ウルメイワシ 60キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 2.4トン、イナダ 350キロ
「大磯」定置:ワカシ 450キロ、アジ 50キロ、サバ 50キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 520キロ
「川奈杉本」:トビウオ、イナダ ほか
「網代定置」:アカカマス 110キロ、イナダ 350キロ、ワラサ 150キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 140キロ

20180629_0241.jpg6月の梅雨明けは観測史上初。
月明かりもピーカンならば、確かに日差しも最早、夏。
流しにはやんまが飛び、氷はあっと言う間に溶けていく。
台風7号発生で、ますます夏らしく。
20180629_0443.jpg何気に最近の台風が、日本の近い海域で発生しているのは気のせいか。
そのうち相模湾で発生なんてなければよいが。
ちなみに魚市場では、ほぼ毎日、台風もしくは誰かしらに雷が落ちているが。
そうか、魚が無いのは夏枯れか。
posted by にゃー at 13:20| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シマイサキ

20180622_0523sist.jpg
兄貴が先でも「シマイサキ」

大きな河口や
防波堤へ行くと

岸壁に沿って
群れて泳ぐ姿を
見掛けます。

そこからあまり
沖へ出ないのか

定置網などに
掛かることは少なく

結果、
魚市場では

あまり
見掛けることのない
魚です。

小田原では

「スズヨ」

などと呼びますが、

「イサキ」と名は付けど
「イサキ」とは別種の
まるで別の魚


塩焼きで美味しい
「イサキ」に対し、

「シマイサキ」は
味が落ちると
言われます。

しかし
「ボラ」なども
そうですが、

定置網に入る
様な魚は、

沖を泳いでいる

ことから

臭みなどとは無縁

美味しく食べられると
言われます。

果たして
どっちが本当か

是非とも

食べて

確かめてみて

下さい。
.
posted by にゃー at 11:00| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする