2018年07月31日

魚市場の即戦力

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 130キロ、イサキ 120キロ、小イサキ 680キロ、マイワシ 430キロ、サバ 40キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:サバ 600キロ、ヤマトカマス 200キロ、ヘダイ 40キロ
「川奈杉本」:アオリイカ 50キロ、メジナ 50キロ

東方面からは、
「片瀬釣船」:釣カツオ 520キロ、釣キメジ 60キロ

20180731_0820.jpg長寿の里「二宮町」も、今や「長者の里」。独り気を吐く「二宮定置」。
唯一にして貴重、且つ待望の地魚水揚げの砦が、買受人の期待を一身に受け、毎日奮闘しております。
定番の「アジ」の他にも「イサキ」や「マダイ」、「ニベ」や「カマス」など、揉まれた海から多くの種類が揚がっております。
20180731_0611.jpgとはいえ、明日から数箇統の定置網が復活する予定。定置網予報に拠りますと、「小イサキ」中心の水揚げが予想されておりますが、月も明けての新規蒔き直しとなれば、種類の多さと量の多さがダブルで期待で、楽しみです。
いよいよ本格化、夏の風物詩とも言える相模湾の「釣カツオ」も一気に絶好調で、丸々とよく太った魚体がバンバン釣れているようです。
明日以降も釣れちゃうんだろうな〜。
posted by にゃー at 16:37| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

魚市場に一昨日来やがれ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 900キロ、アジ 200キロ、小サバ 390キロ、サバ 300キロ、小イサキ 120キロ、イサキ 70キロ、ヘダイ 50キロ、ワカシ 50キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヘダイ 230キロ、ヤマトカマス 420キロ、サバ 400キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 370キロ、マルアジ 40キロ

20180730_0712.jpgあ、来たのは一昨日か・・
それでもがんばる漁師たち。
そして、今日も海は波を送るのであった。
posted by にゃー at 14:07| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

限界魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 300キロ ほか

伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣アカハタ、サザエ ほか

台風進路予想を受けて小田原は全船休漁。
「湘南定置」は、昨日の網上げの際の水揚げ。
西伊豆からの魚は昨日以前の水揚げ。
20180728_0257.jpg「マアジ」は堂々300キロ。
伊豆から活けもの含めて数十キロ。
遠いところをありがたや。
月曜日も日曜の網入れ次第だが、できる所は限られる為、休漁は多いとみられる。20180728_0419.jpg
それでも一部網の残ってる定置網は操業できるはずなので、全く地魚が無いっと言う事は避けられるだろう。
とはいえ月曜の心配よりも、まずはご自分自身の身の心配と安全を。
posted by にゃー at 17:12| Comment(1) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

夏休みこども電話相談魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マイワシ 6.2トン、小サバ 1トン、サバ 580キロ、マルソウダ 90キロ、マルアジ 50キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:マイワシ 1.9トン、サバ 420キロ、小サバ 640キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 300キロ、小サバ 860キロ、サバ 290キロ、アジ 60キロ、ワカシ 80キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 480キロ、マイワシ 920キロ、サバ 100キロ、マルアジ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヘダイ 230キロ
「川奈杉本」:メジナ 100キロ、ヤマトカマス 30キロ

かとうM.C「まず最初の質問は、神奈川県のおともだちからです。もしもし〜」
20180727_0504.jpgしむらこども「もすもす〜」
かとうM.C「こんにちは〜」
しむらこども「こんにちは〜」
かとうM.C「最初におなまえと学年を教えて下さい」
しむらこども「うみのさかなです、2年生です」
かとうM.C「さかなくんの聞きたいことは、どんなこと?」
しむらこども「明日、台風で魚が獲れないのに、どうしてうおいちばはやるんですか?」
かとうM.C「そっか。明日は台風警戒で船が港に舫われて動けなくなってるから心配してるのかな?」
しむらこども「うんにゃ。ワテら市場に魚が来なきゃ仕事になんねえべさ?」
かとうM.C「ワテら?」
しむらこども「いえ。ミライトワって可愛いね」
かとうM.C「そうですね・・。では先生お答え下さい」
いかり先生「さかなくんは魚市場へ行ったことあるのかな?」
しむらこども「うん。毎に・・前に一度」
いかり先生「そっか〜。魚が無いと心配だよね〜」
しむらこども「・・・(毎日の暑さで疲れとんねん、タマにゃあ休ませて〜な)」
いかり先生「何かな〜?」
かとうM.C「緊張してるのかなぁ?」
いかり先生「魚市場にはね、地元で揚がる魚と他所から来る魚の2種類があるんだよ」
かとうM.C「他所って言うと、全国各地ということですか?」
いかり先生「そうです。北海道から九州、沖縄や小笠原まで、いろいろな魚が送られてきます」
しむらこども「ふ〜ん・・」
いかり先生「だから、明日も今日の在庫の他にも明日、築地から経由してきたり、産地の漁港から直送されてくる荷物が来たりと結構、魚はあるんだよ」
しむらこども「・・(残りモノかよ・・)」
かとうM.C「よかったね〜」
いかり先生「今日獲れた魚を、明日持ってくる漁師さんもいるかも知れないよ?」
20180727_0427.jpgかとうM.C「わ〜、楽しみだね〜」
しむらこども「・・(人ごとやん)」
かとうM.C「わかったかな〜」
しむらこども「わかりやした・・」
かとうM.C「先生の話を聞いてどうでした〜?」
しむらこども「どっと疲れが出ました」
かとうM.C「さかなくんは、本当はいくつかな〜?」
しむらこども「アラフィフです」
いかり先生「今朝のは、でかスギ。アンタは働き過ぎ」
しむらこども「スギたるは及ばざるが如し」
いかり先生「そこは君、スギよ純情反抗期だろう」
かとうM.C「気が済みました?」
posted by にゃー at 23:37| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

やさしく溶け合う魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 3.8トン、小サバ 3.2トン、サバ 650キロ、ヤマトカマス 290キロ、マルソウダ 100キロ、マルアジ 50キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 6.6トン、小サバ 180キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.5トン、小サバ 450キロ、ヤマトカマス 120キロ
「江の安」定:マイワシ 2トン ほか
「二宮」定置:小サバ 370キロ、サバ 200キロ、マイワシ 100キロ、アジ 60キロ、小イサキ 70キロ
「福浦」定置:マルソウダ 4.4トン、マイワシ 1.8トン、サバ 790キロ、小サバ 300キロ、シイラ 80キロ
「大磯」定置:アジ 420キロ、サバ 50キロ

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 1.1トン、釣メダイ 220キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 90キロ ほか

和歌山船・・・釣キハダ・キメジ 410キロ
       釣カマスサワラ 70キロ

「イワシ」も消えてなるモノかと押し返し、「サバ」も次は我が天下をと攻め立てる。それを横目に船から揚がる美女「キンメダイ」と野獣「(キハダ)マグロ」の華やかなる共演。大群の影に隠れて目立たないが「ヤマトカマス(ミズカマス)」も虎視眈々と絶賛成長中。
そして沖から台風(12号)来るぜ。医学部行くなら野田クルゼ。産まれて間もない猪突猛進型。これは危険なコースと見解一致。
20180726_1512.jpg「米神」は午後一、網を抜いてきましたよ。これから次々、網は抜かれてゆくでしょう。
雑草も抜いた後はしっかり乾燥、これ基本。
網も同じで、乾燥させて貝やゴミを除する事。キレイな網は、魚を呼び寄せます。
何を呼ぶかって?ここはズバリ本命「イサキ」と答えるのも野暮なので、「うり坊」と答えます。
posted by にゃー at 18:28| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

魚市場マル秘対処法

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 1.8トン、サバ 2.7トン、カタクチイワシ 280キロ
「石橋」定置:マイワシ 1.3トン、サバ 470キロ、マルソウダ 130キロ、ヤマトカマス 160キロ
「 岩 」定置:マイワシ 2.4トン、サバ 2.1トン
「原辰」定置:マイワシ 3.7トン、サバ 160キロ
「江の安」定:サバ 450キロ ほか
「二宮」定置:サバ 2.4トン、マイワシ 400キロ
「福浦」定置:マルソウダ 1.4トン、サバ 570キロ
「大磯」定置:アジ 460キロ、マイワシ 3.6トン

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 240キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ

20180724_03gomok.jpgおごる平家は久しからず。
おごられる「焼き肉」は断る事を知らず。
うなる「イワシ」は久しからず。
うなり始めた「サバ」は知らず知らず増え始める。
東の「マアジ」は良いね。
20180723_golden.jpg丸々とした山吹色。
「おぬしも悪よのぉ〜」と言ってか言わずか、菓子折に詰めて差し出せば、万事解決疑いなしの品物。
休み明けの「キンメダイ」と一緒に夏の元気なご挨拶、いかがでしょうか?
posted by にゃー at 16:58| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする