2018年07月14日

魚市場の先にあるモン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イワシ混 1.6トン、ヤマトカマス 60キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 100キロ、サバ 50キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 100キロ、イワシ混 160キロ、小サバ 80キロ
「二宮」定置:アジ 110キロ、サバ 180キロ、ワカシ 100キロ、イワシ混 70キロ
「福浦」定置:イナダ 1.8トン、ワラサ 280キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 380キロ

東方面からは、
「平塚定置」:サバ 130キロ、アジ 60キロ
「大磯地引」:アジ 170キロ

20180714_0538.jpg魚が少ない夏場にあって休漁相次げば、地魚を求める狼の群れはまるで血に飢えたモンスター。
貴重な「地アジ」を始めとして「カマス」や「ブダイ」も軒並み相場はモンブラン。
20180714_0706.jpg「イナダ」や「ワラサ」もいい加減飽きたかと思いきや、この期に及んで問答無用の引っ張りだこ。
地曵で「シラス」じゃなく「アジ」が獲れれば、嬉しいボーナスだもん。
そして何やら、明日は漁港の中でもんどり打ってフェスティバル。#MONFES18
posted by にゃー at 15:04| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

我が家の魚市場計画

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イワシ混 5.8トン、ウルメイワシ 200キロ、サバ 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イワシ混 1.2トン、ウルメイワシ 90キロ、ヤマトカマス 50キロ
「原辰」定置:イワシ混 500キロ ほか
「江の安」定:イワシ混 320キロ ほか
「二宮」定置:イワシ混 390キロ、サバ 70キロ
「福浦」定置:イワシ混 1.5トン、マルソウダ 280キロ
「大磯」定置:ワカシ 50キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 520キロ、ワラサ 210キロ、アジ 90キロ、アカカマス 110キロ
「川奈杉本」:トビウオ、マルソウダ ほか
「福浦沖曳」:生シラス 20キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マルソウダ 120キロ ほか
「江ノ島網」:アカカマス 60キロ

和歌山船 ・・・ 釣キハダ 780キロ

今日日、増えるのは「小イワシ」と参議院の定数。
医学部入るにゃ裏口がある様だが、あらかじめ椅子を多めに用意しておけば、ドジでのろまも座れるってか。
20180713_0943.jpg「イワシ」は増えても構いやしないが、政治屋増やしてちったぁ暮らしが楽になるのかい?
なるのは、増えた枠にはまったゴロだけという話・・とは今朝のノラの呟き。
posted by にゃー at 16:17| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

魚市場のたわわチャレンジ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 1.5トン、サバ 110キロ
「石橋」定置:小サバ 230キロ、ワカシ 40キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:小サバ 80キロ、サバ 50キロ、ウルメイワシ 40キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 180キロ、サバ 60キロ、マイワシ 40キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 2トン、イナダ 2トン
「大磯」定置:イワシ混 480キロ、ワカシ 270キロ、アジ 100キロ、サバ 70キロ、マイワシ 50キロ

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 110キロ

東方面からは、
「江ノ島網」:ハガツオ、アジ ほか

神津島船・・・釣キンメダイ 1.1トン

今朝は、特大「キンメダイ」入船で赤一色。20180712_0850.jpg
その後、定置の「(ウルメ)イワシ」で白一色。
締めは「福浦」の「ワラサ」と「イナダ」で青(緑)一色。
連休を前に休漁相次ぎ、魚不足が懸念される中、期待通りに「ワラサ」と「イナダ」がモドリッチ。
明日も「キハダ」入船で安心の微笑むバペ。サイズはやっぱり、エルナンデス。
世間は狭いと言いながら、世間は余裕の三連休前。
期待に胸は膨らむばかり。期待は軽いが期待は重い。
重い思いは、責任感。重い「マグロ」に夢乗せて、目指す明日の豊漁を。
posted by にゃー at 19:41| Comment(2) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

ハチ

20180711_0509.jpg
小田原定置の

八八艦隊

全船揃わぬ水曜日

「二宮」定置に

「ハチ」が八匹

現われた。

「おーい、はっつあん!」

アンタ魚でしょ?

とお思いの貴公、

ブンブン

言わないけれど

漢字で書いても

「蜂」

と書く、

れっきとした

魚です。

ちなみに
たばこの「峰」は
生産終了しています。

201104_hachi_8.jpg

「ハチ」の

由来は

背びれの毒のある

トゲ

と言われますが、

結構痛いと

漁師の間でも

評判です。

そんなに珍しい魚では

ありませんが、

定置網でも

安定して獲れることは

ありません。

海底が荒れたときに

動くのか?

実際は

8匹どころじゃなく

大量に

獲れていました。


ご安心下さい

競りには

掛かっておりません
.
posted by にゃー at 19:01| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場の思い出は美しすぎて

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 1トン、小サバ 250キロ、イナダ 100キロ、サバ 150キロ
「石橋」定置:イナダ 160キロ、小サバ 120キロ、ワカシ 90キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 550キロ ほか
「原辰」定置:ウルメイワシ 160キロ、サバ 130キロ、ヤマトカマス 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ワカシ 260キロ、イナダ 80キロ、小サバ 280キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ワカシ 1.2トン、アジ 190キロ、サバ 100キロ、マイワシ 120キロ

伊豆方面からは、
「沼津底曳」:チダイ 120キロ、マダイ 50キロ
「福浦沖曳」:生シラス 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ、サバ 280キロ
「三崎釣船」:釣アカカマス 200キロ

「初サンマ」の声が聞こえてくると夏本番。
高嶺の花は届かぬモノとあきらめながら、小田原にも高嶺の花は満開と「マアジ」を見つめ、夏。
さらに「イナダ」が相模湾全体に行き渡ってくると、嫌でも夏。
「ワカシ」も「小サバ」も、辛抱重ねて大きくなるのを待つばかり。
posted by にゃー at 18:44| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

ミヤコテングハギ

20180710_miyac1.jpg
ミヤコと言えば

「はるみ」か「蝶々」か「三陸」か

20180710_miyac2.jpg
特徴的な隈取りは
インパクト大

尾ビレの
付け根の
オレンジ色も
鮮烈な印象

「天狗」とは

名ばかりの

鼻ペチャ

口とんがらかし

20180710_miyac3.jpg
前から見ると

モヒカン頭が
ミスター・T(古!)


「都はるみ」と言えば

今の時期

絶対的に無視できない

代表的シングル

七夕おどり」が

大音量で流れる

平塚七夕祭り

先週日曜に

無事終了し、

それに誘われて

寄ってきた

帰りに

二宮の定置網に

掛かったのだろうか?

南方でしか

獲れない魚

まで寄せてくる

唄の力

祭りの力

黒潮の力。


石本美由紀先生作詞

♪見るより聞くより踊るもの

七夕おどりは踊るもの

平塚名物なにがある

七夕おどりの意気がある

波もしぶきの浴衣着て

踊り明かすよ相模灘〜〜

・・まさに相模灘の魅力全開

を証明する魚と言えよう。
.
ラベル:定置網漁業 珍魚
posted by にゃー at 19:55| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする