2018年07月05日

魚市場をこってりパトロール

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 400キロ、サバ 350キロ、カタクチイワシ 290キロ、イワシ混 140キロ
「石橋」定置:サバ 130キロ、イワシ混 140キロ
「 岩 」定置:イナダ 420キロ、サバ 150キロ
「原辰」定置:イナダ 220キロ、サバ 480キロ、アジ 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 300キロ、サバ 60キロ
「網代定置」:アジ 120キロ、サバ 150キロ
「沼津底曳」:マダイ 90キロ ほか

神津島船・・・釣ムツ 200キロ、釣メダイ 130キロ
   釣キンメダイ 100キロ、釣ハチビキ 40キロ

20180705_0529.jpg日本海側の温帯低気圧通過を受け、昨日から強く吹き続けた南風は、懸念したとおり多くの定置網の操業を阻み、今朝の魚市場営業に大きく影響した。
20180705_0602.jpg強風下、辛うじて操業した地元定置網の中心は「イナダ」。
2キロ前後まで成長した魚体は、風格と貫禄を備え、人気では兄貴分の「ワラサ」を完全に逆転。徐々に水揚げも安定してきて、まさに朱夏を迎える事になりそうな気配である。
20180705_millionare.jpg他に「網代」定置の「マアジ」や、入船した神津島の釣船が水揚げた「クロムツ」や「キンメダイ」など、不安定な天候にもかかわらず、最低限の魚を確保でき、天候の回復次第になるが、明日は充実のこってり魚市場が実現するのではないかとこっそり期待をしている。
しかし、その一方で未だ大陸にまで伸びる前線と、新たな台風発生という懸念を抱えながら週末から来週前半を迎える精神的リスクは、漁業者と魚商人に深刻な影響を及ぼす事が考えられ、追い込まれた買受人が、価格破壊的強迫観念に囚われかねない状況になるのではと危惧をしている。
posted by にゃー at 12:47| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする