2018年07月11日

ハチ

20180711_0509.jpg
小田原定置の

八八艦隊

全船揃わぬ水曜日

「二宮」定置に

「ハチ」が八匹

現われた。

「おーい、はっつあん!」

アンタ魚でしょ?

とお思いの貴公、

ブンブン

言わないけれど

漢字で書いても

「蜂」

と書く、

れっきとした

魚です。

ちなみに
たばこの「峰」は
生産終了しています。

201104_hachi_8.jpg

「ハチ」の

由来は

背びれの毒のある

トゲ

と言われますが、

結構痛いと

漁師の間でも

評判です。

そんなに珍しい魚では

ありませんが、

定置網でも

安定して獲れることは

ありません。

海底が荒れたときに

動くのか?

実際は

8匹どころじゃなく

大量に

獲れていました。


ご安心下さい

競りには

掛かっておりません
.
posted by にゃー at 19:01| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場の思い出は美しすぎて

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 1トン、小サバ 250キロ、イナダ 100キロ、サバ 150キロ
「石橋」定置:イナダ 160キロ、小サバ 120キロ、ワカシ 90キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 550キロ ほか
「原辰」定置:ウルメイワシ 160キロ、サバ 130キロ、ヤマトカマス 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ワカシ 260キロ、イナダ 80キロ、小サバ 280キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ワカシ 1.2トン、アジ 190キロ、サバ 100キロ、マイワシ 120キロ

伊豆方面からは、
「沼津底曳」:チダイ 120キロ、マダイ 50キロ
「福浦沖曳」:生シラス 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ、サバ 280キロ
「三崎釣船」:釣アカカマス 200キロ

「初サンマ」の声が聞こえてくると夏本番。
高嶺の花は届かぬモノとあきらめながら、小田原にも高嶺の花は満開と「マアジ」を見つめ、夏。
さらに「イナダ」が相模湾全体に行き渡ってくると、嫌でも夏。
「ワカシ」も「小サバ」も、辛抱重ねて大きくなるのを待つばかり。
posted by にゃー at 18:44| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする