2018年07月18日

こんこんと湧き出る魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イワシ混 5トン、サバ 820キロ、小サバ 1.1トン、マイワシ 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イワシ混 6トン、サバ 500キロ
「原辰」定置:イワシ混 200キロ、サバ 50キロ、ウルメイワシ 80キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イワシ混 880キロ、サバ 260キロ、アジ 50キロ、ワカシ 50キロ
「福浦」定置:イワシ混 2.6トン、マルソウダ 400キロ、サバ 150キロ
「大磯」定置:イワシ混 680キロ、アジ 110キロ、サバ 160キロ、ワカシ 120キロ

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣ウメイロ 40キロ、釣ヒレナガカンパチ 100キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ

20180718_0325.jpg小田原沖某所、今獲れている「イワシ混」
現状変われと唱える呪文は、「テクマクマヤコン」
名古屋某所、たまに見切れる「大村崑」
20180718_0344.jpg東京都内某所、「ウメイロ」の他、見慣れぬ魚の数々にまるで「水族館」
日本各所、今最も必要とされるモノ、それは「エアコン」
posted by にゃー at 13:29| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする