2018年07月23日

おアツイのがお好きな魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 6トン、サバ 3.1トン、ヤマトカマス 40キロ
「石橋」定置:マイワシ 4.3トン、サバ 470キロ、マルソウダ 140キロ、ヤマトカマス 190キロ
「 岩 」定置:マイワシ 8.8トン、小サバ 500キロ、サバ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 3トン、サバ 700キロ、ヤマトカマス 130キロ、カタクチイワシ 40キロ
「江の安」定:マイワシ 3トン、サバ 100キロ
「二宮」定置:マイワシ 1トン、サバ 360キロ、小サバ 480キロ
「福浦」定置:マイワシ 600キロ、マルソウダ 900キロ、サバ 670キロ、シイラ 140キロ
「大磯」定置:マイワシ 2.2トン、アジ 500キロ、ワカシ 100キロ、ハガツオ 50キロ、マルソウダ 100キロ

伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ 90キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 680キロ、マルソウダ 90キロ

和歌山船 ・・・ 釣キハダ 800キロ

20180723_0834.jpgこの暑さでトラックのエンジンにトラブル発生し、おまけにクーラーからは熱風。どうやらコンプレッサーの故障らしいが、さらに売り場のフォークリフトのエンジンはストップしたままかからず放置プレイ。
20180723_070sma.jpgハカリの電源も入らなくなるし、置いといた氷は、いつの間にか無くなるし、さらに流しのおじさんは熱中症になってしまうし。
熱い「マイワシ」ブームが続いている中で、「マサバ」の厚さは日に日に増しているようですよ。
posted by にゃー at 14:07| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする