2018年07月24日

魚市場マル秘対処法

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 1.8トン、サバ 2.7トン、カタクチイワシ 280キロ
「石橋」定置:マイワシ 1.3トン、サバ 470キロ、マルソウダ 130キロ、ヤマトカマス 160キロ
「 岩 」定置:マイワシ 2.4トン、サバ 2.1トン
「原辰」定置:マイワシ 3.7トン、サバ 160キロ
「江の安」定:サバ 450キロ ほか
「二宮」定置:サバ 2.4トン、マイワシ 400キロ
「福浦」定置:マルソウダ 1.4トン、サバ 570キロ
「大磯」定置:アジ 460キロ、マイワシ 3.6トン

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 240キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ

20180724_03gomok.jpgおごる平家は久しからず。
おごられる「焼き肉」は断る事を知らず。
うなる「イワシ」は久しからず。
うなり始めた「サバ」は知らず知らず増え始める。
東の「マアジ」は良いね。
20180723_golden.jpg丸々とした山吹色。
「おぬしも悪よのぉ〜」と言ってか言わずか、菓子折に詰めて差し出せば、万事解決疑いなしの品物。
休み明けの「キンメダイ」と一緒に夏の元気なご挨拶、いかがでしょうか?
posted by にゃー at 16:58| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする