2018年08月06日

魚市場のイメージを覆せ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 3.1トン、小サバ 90キロ、小ムツ 35キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 7.4トン、小サバ 190キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 460キロ、サバ 670キロ、アジ 90キロ、ショウゴ 60キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:マイワシ 780キロ、サバ 570キロ、アジ 100キロ、ワカシ 70キロ、マルソウダ 70キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:サバ 600キロ、ワカシ 140キロ、カツオ 60キロ、キメジ 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ ほか

和歌山船・・・釣キハダ 450キロ、釣メダイ 220キロ
       釣ヒレナガカンパチ 120キロ

陸の王者が慶応(KO)なら、海の王者はもちろんUO(魚)。そして空の王者、台風の接近は、OH!NO!ということで、明日からまた台風対策だってのに、うっかり「イワシ」を10トンも獲っちゃった。
20180806_0239.jpg「もうイワシ飽きたんだけど・・」の表情に、「獲れる恵みに感謝を忘れてはいかんよ。」と諭しつつ、こっそり「アジ」を与えるこの弱さ。
20180806_0539.jpg「米神」定置も「イワシ」を除くと量的には完全に夏バテ、いや夏枯れの様相で、大変革のきっかけを望む声も少なくは無かったが、このタイミングで来ては、週末かお盆休みへの影響も計り知れず、あまりにも空気を読まない台風先生の行動に、我々もやきもきが止まらない。

今日のイセエビ ・・・ 100キロ
posted by にゃー at 18:09| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする