2018年09月06日

魚市場はある意味シットコム

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ヤマトカマス 700キロ、アカカマス 70キロ、サバ 140キロ、ヒラソウダ 200キロ、小サバ 610キロ、アジ 490キロ、イサキ 130キロ、メイチダイ 50キロ、マルソウダ 50キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 230キロ、マルアジ 130キロ、小サバ 110キロ、マイワシ 90キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 1.3トン、アカカマス 170キロ、ショウゴ 60キロ

20180906_0350.jpg「ヤマトカマス(ミズカマス)」中心の漁獲は秋の定番。
日々、着実に伊豆方面からの接近を肌で感じつつ、今年の漁獲を占いながら、海から揚がってくる変化の予兆を見つけようと目を凝らすものの、相模湾に「らしきもの」は感じられず。
20180906_0451.jpg風のみでは海中までその影響は届かなかったか、先の猛風台風通過後、湧くはずの「小イサキ」は限られたものに終わり、目立つのは「小アジ」の方。「湘南定置」も同じく「小アジ」がメインで、全体量も伸びず。
20180906_0340.jpg明日は「米神」と「岩」の両大型定置が復帰予定で、軽く今朝の倍以上の水揚げを期待することが出来るだろうし、「刺し網」漁の再開も重なって、何よりも秋らしい魚種の幅の拡大が期待されている。

今日のイセエビ ・・・ 25キロ
posted by にゃー at 20:56| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする