2018年09月20日

32!強い魚市場・強いアジ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 2.1トン、サバ 170キロ、オアカムロ 250キロ、マイワシ 250キロ、ヤマトカマス 140キロ、イサキ 70キロ、マルソウダ 70キロ、バショウカジキ 1本(35キロ)
「石橋」定置:小サバ 1.5トン、サバ 130キロ、マイワシ 110キロ、小イサキ 50キロ
「 岩 」定置:オアカムロ 560キロ、小サバ 760キロ、サバ 430キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 100キロ、マイワシ 60キロ
「福浦」定置:シイラ 1.1トン、小サバ 1トン、サゴシ(サワラ) 850キロ、イナダ 800キロ、マルソウダ 150キロ、ヒラソウダ 60キロ、サバ 60キロ
「大磯」定置:小サバ 190キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 130キロ、イナダ 390キロ
「川奈杉本」:ショウゴ 50キロ ほか
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 65キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 100キロ

「小田原アジ」の人気は連休を前にして落ちようもなく、相変わらずの強さをキープ。
20180920s_idol_dance.png本日の高値はキロ当り3200(サニー)前後と聞けば、そのチョベリグな価値が分かるというもの。
昼前から降り始めた雨と午後からのキュンとした冷え込みは、明日もまた魚たちの動きに影響を与えそうで、連休前の品揃えに一抹の不安を覚えるが、そこは値段にものを言わせて荷を集める吸引力を発揮(する予定)。
20180920_052310.jpg明日もコギャルのような金髪に輝く「ショウゴ(カンパチ)」や「メイチダイ」などの秋の魚たち、まだ引退せずに粘る「アムロちゃん(オアカムロ)」や「ブリタニ」の子分「イナダ」などの地魚メドレーが、場内を席巻することだろう。
強い”旬”という絆で結ばれた「地魚」たちは、最後に必ずや魚市場に一堂に会することになるのである。

今日のイセエビ ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 23:41| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする