2018年09月22日

だから私は魚市場を選んだ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 890キロ、サバ 190キロ、マイワシ 350キロ
「石橋」定置:マイワシ 1トン、小サバ 450キロ、イナダ 130キロ
「 岩 」定置:小サバ 440キロ、サバ 70キロ、ヤマトカマス 180キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 1.4トン、サバ 140キロ、小サバ 180キロ、ヤマトカマス 90キロ
「福浦」定置:イナダ 360キロ、ウルメイワシ 660キロ、小サバ 200キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ショウゴ 60キロ ほか
「真鶴定置」:アジ 160キロ、イナダ 90キロ

暴発的「ミズカマス(ヤマトカマス)」の大漁から早一ヶ月。
旬間的「マサバ」の大漁から2週間。
爆発的「オアカムロ」の大漁から三夜。
怒涛的「イナダ」の大漁から一夜。
それぞれ漁獲量は、その1/10に縮小。
ま、同じ魚が一ヶ月続くこともあり得ない(小サバやマイワシ(ヒラゴイワシ)は例外)し、一週間続いても飽きてしまう。
20180922_0557.jpgその意味では日替わりランチのようにコロコロと変わる中心魚種があって、その他の旬の地魚があってこそ、市場にとっても魚屋さんにとってもバランスの良い仕入れが出来る環境というものなのかも知れないなと思い、みんな次は何が獲れるかと期待し、予想し、懸念する。
その中にあって、「真鶴」から久々に「アジ」が入荷したのは吉兆となるか否か。
週明けの市場に注目が集まる事になるだろう。

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 22:42| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする