2018年09月25日

豊洲より早い豊志安全魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 3.3トン、サバ 780キロ、ヤマトカマス 730キロ、オアカムロ 680キロ、マルアジ 210キロ、アカカマス 100キロ、アジ 70キロ、ヒラソウダ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 2トン、サバ 260キロ、イナダ 160キロ、アカカマス 100キロ、ヤマトカマス 150キロ、ウルメイワシ 90キロ
「 岩 」定置:オアカムロ 810キロ、小サバ 2トン、ヤマトカマス 600キロ、サバ 250キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 2.7トン、サバ 640キロ、ヤマトカマス 370キロ、マルアジ 45キロ
「福浦」定置:イナダ 1.9トン、サゴシ 430キロ、シイラ 210キロ、マルソウダ 100キロ、カツオ 100キロ、バショウカジキ 60キロ、ヒラソウダ 60キロ、カマスサワラ 70キロ
「大磯」定置:小サバ 960キロ、ヤマトカマス 450キロ、サバ 70キロ、ウルメイワシ 70キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 60キロ、アカカマス 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 60キロ ほか

豊洲移転を前にして、小田原は早くも市場の移転に見事成功。
20180925_0358.jpg魚市場の「活魚売り場」を場内の中心に移設し、さらに各漁場毎にイケスを設置することで動線の見直しと活魚取り扱いの効率と利便性を向上。人の集まりもこれまで以上に良くなり、いずれ値段に反映され、好結果として現れる事になる(見込み)。
競りに際しても、各漁場を一気に渡り歩きながらの競りは、神奈川県の未病への取組みを意識してか非常に健康的な市場に生まれ変わったと各方面に好評(未確認)。
20180925_0951.jpg市場職員をはじめ、メタボ気味の魚屋さんも歩数が一気に伸びて健康診断の結果も良化(する見込み)。
さらに場内の中心から全てのイケスが見渡せることで、忘れ物が激減(する見込み)。
今後、入荷する魚と取り引きの増加に対応する余裕を持たせながら、豊洲の荷動きと物流の動向を注視した運用を行う必要があると思われる(適当)。
見込みが多いのは、見込み山ということか?

今日のイセエビ ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 14:11| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする