魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2018年10月20日

魚市場よ永遠の定番であれ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 840キロ、ウルメイワシ 490キロ、ヤマトカマス 330キロ、アジ 330キロ、アカカマス 170キロ、イナダ 210キロ、ヒラソウダ 250キロ
「石橋」定置:アジ 2.1トン、ヤマトカマス 170キロ、アカカマス 150キロ
「 岩 」定置:イナダ 2.1トン、小サバ 870キロ、サバ 510キロ、アカカマス 100キロ、ヒラソウダ 350キロ、マルソウダ 100キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 290キロ、ヤマトカマス 270キロ、小サバ 200キロ、アカカマス 60キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 190キロ、小サバ 320キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ、ヒラスズキ ほか
「網代素潜」:サザエ 150キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ
「江ノ島網」:小アジ 390キロ ほか

小田原・・・釣クロタチカマス 140キロ

20181020_0600.jpg「石橋」定置で待望の「小田原アジ」がドーン!
「岩」から「イナダ」もドーン!で、あっちゃこっちゃで「カマス」もガツーン!
その他、「ウルメ」や「サバ」、「ナガスミヤキ」など脇役も賑やかに土曜ワイド劇場の様相。
20181020_0822.jpg週末の食卓請負任務完了、・・と言いたいところであったが、オーマイガーッ!
まさか・・彼が頭を抱えるわけとは一体・・!?
posted by にゃー at 18:34| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホホジロザメ


20181020_hoho.jpg
ギャー!

思わず

悲鳴が
出そうなくらいに

怖い顔

まさか

まさか



「ホホジロザメ」。

米神定置で

獲れちゃいました。

20181020_0417.jpg
横のフォークリフトと
比較して判る

この大きさ。

腕なんか

パクリ

ですよ・・

すでに
脳内では

ジョン・ウイリアムズ
ヘビロテ中・・

世界中にいる
サメとして
知られますが、

その数は激減中

日本では

USJ

行けば
年中見られる
そうですが

ついに

小田原にも
お目見えいたしました。

先頃公開された映画
「MEG ザ・モンスター」
では

ジェイソン・ステイサム


ぶっ倒しておりましたが、

小田原の漁師も
負けじと

巨大鮫と船上にて
格闘の末、

数人がかりで

馘首に

成功した

そうです。

ちなみに

オス

胃袋からは

手首など

・・・

出なかったそうです。

そして

マニア垂涎の
頭と顎は

小田原魚國

にて販売中!

コンビニの
ATM寄ってから

店へ急げ!

え?
もう今日は
閉店してる?
.
posted by にゃー at 18:05| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

ハナミノカサゴ

20181019_0457.jpg
普通のミノカサゴとの
違いは

尾びれなどに散らばる
細かい水玉模様。

今朝の福浦

30センチ近い
巨体に

いつもの
ヤツとは
違う、


直感。

口周りの
ヒダヒダといい

白黒ハッキリした
模様といい

どっか
違うと
思ったよ。

ちなみに
いつものはコレ
kasa10.jpg

ケバイ印象は
変わらないが、

どこか色合いが
薄く

華やかさが
足りない。

毒は
どちらも
強烈で

よい子は

決して

触らないこと。



それでも
カサゴの仲間
なので

買う人もいれば、
食べる人もいる。

人によっては

味が薄いという人や
水っぽいという人もいるが

不味くはない

という程度か?

料理法によって

印象の代わる魚

ということか?

興味ある方は

おためしあれ。
.

posted by にゃー at 16:29| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場の夢は朝ひらく

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 360キロ、小サバ 610キロ、アカカマス 300キロ、ヤマトカマス 530キロ、サバ 80キロ、アジ 40キロ
「石橋」定置:アカカマス 340キロ、ヤマトカマス 670キロ、ヒラソウダ 280キロ、キハダ 150キロ、マルソウダ 200キロ、メアジ 110キロ、小サバ 100キロ、サバ 90キロ、アジ 60キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.3トン、サバ 1.3トン、小サバ 2.6トン、イナダ 1.1トン、アカカマス 350キロ、ヒラソウダ 180キロ、マルソウダ 160キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ヤマトカマス 190キロ、アジ 100キロ、小サバ 75キロ
「福浦」定置:イナダ 1.5トン、小サバ 350キロ、ヒラソウダ 100キロ、ヘダイ 50キロ、メジナ 80キロ、ショウゴ 45キロ
「大磯」定置:小サバ 80キロ、ヤマトカマス 40キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 1.1トン、ヤマトカマス 260キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ

小田原・・・釣クロシビカマス 100キロ

♪十五、十六、十八日と市場の岸壁、黒かった。
20181019_0937.jpg「ナガスミ」はどんなに黒くとも、夢は朝ひらく〜
と、今日も大漁、釣れてます。
久々の当たり年に漁師もやる気スイッチ・オン。
小田原市民も昔を思い出して、食べる気スイッチ・オンでもっと食べてくれないかしら?
posted by にゃー at 16:16| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

失敗しないための魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.8トン、イナダ 330キロ、ヤマトカマス 720キロ、アカカマス 560キロ、サバ 220キロ、アジ 60キロ
「石橋」定置:小サバ 1トン、ヤマトカマス 290キロ、サバ 180キロ、アカカマス 140キロ、ヒラソウダ 80キロ、オアカムロ 70キロ、アジ 60キロ、メアジ 60キロ
「 岩 」定置:アカカマス 840キロ、ヤマトカマス 410キロ、小サバ 780キロ、イナダ 580キロ、サバ 270キロ、カツオ 220キロ、アジ 80キロ、ヒラソウダ 200キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 1.2トン、アカカマス 320キロ、ヤマトカマス 350キロ、サバ 60キロ
「福浦」定置:小サバ 700キロ、マイワシ 800キロ、サゴシ 920キロ、イナダ 380キロ、シイラ 100キロ、サバ 230キロ
「大磯」定置:小サバ 120キロ、ヤマトカマス 70キロ、アジ 60キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 1.8トン
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 160キロ、釣カツオ 50キロ
「網代素潜」:サザエ 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 320キロ ほか

小田原・・・釣クロタチカマス 340キロ
和歌山 ・・・ 釣カツオ 580キロ

本日、朝から「小サバ」、「カマス」、「イナダ」、時々「アジ」。
所により「カツオ」や「キンメダイ」。「サゴシ」の雨が降りました。
20181018_0410.jpg「アライグマ」は見えませんでしたが、「イトマキエイ」なら来てました。
明日も強い冷え込みの中、北よりの風が吹き、「イナダ」や「小サバ」が中心の水揚げののち、「アカカマス(ネイラカマス)」と「ヤマトカマス(ミズカマス)」が増えるでしょう。これらは沢田研二とは異なり、当日キャンセルは無いものと思われます。安心してご予定にお入れ下さい。
無難、ザ・無難すぎる予報で、まるで役に立たn
posted by にゃー at 19:47| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

クロホシフエダイ

20181016_blackstar.jpg
お尻に黒い点

「クロホシフエダイ」

こちらも

「ニセ」が
いるそうだが、

まだ

お目に掛かった
事は

ない。

今朝、
別漁場で獲れたのは
20181016_0343.jpg

よく似ている
ヨコスジフエダイ

微妙な

色使いが
異なり、

なんとなく
区別可能。

よく見掛けるのは
「クロホシフエダイ」

近年
見掛けることの
多くなった魚の
一種でもある。

それにしても

「フエダイ」の仲間は
種類も多く、
よく似ている。

それに

もうチョット
口が尖ってる

「フエフキダイ」
というのもいるし、

いよいよ

ややこしい


あんまり
ややこしい問題には

顔を突っ込まない
主義なので、

この話は

この辺で
.
posted by にゃー at 18:58| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする