2018年10月02日

注文の多い地魚魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラソウダ 650キロ、小イサキ 400キロ、ヤマトカマス 330キロ、イナダ 270キロ、小サバ 180キロ、イサキ 130キロ、ウルメイワシ 330キロ、アカカマス 90キロ、マイワシ 70キロ、ヘダイ 60キロ、カツオ 50キロ、ハモ 50キロ
「石橋」定置:小イサキ 650キロ、小サバ 390キロ、ヤマトカマス 310キロ、イサキ 120キロ、ヒラソウダ 100キロ、マルソウダ 100キロ、ヘダイ 80キロ、サバ 60キロ、イボダイ 80キロ、ウルメイワシ 250キロ、ショウゴ 90キロ
「 岩 」定置:イナダ 500キロ、ヒラソウダ 700キロ、クロマグロ 270キロ、カツオ 320キロ、マルソウダ 240キロ、小イサキ 200キロ、ヤマトカマス 180キロ、小サバ 200キロ、アカカマス 60キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 650キロ、イサキ 70キロ、サバ 70キロ、ヤマトカマス 60キロ、ショウゴ 50キロ、アカカマス 40キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:ハガツオ 100キロ、カツオ 630キロ、アカカマス 160キロ、ヤマトカマス 590キロ
「川奈杉本」:クサヤモロ 60キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 210キロ ほか

今まで散々、相模湾に魚がいないなんて言ってゴメンなさい。
魚がいないんじゃない。ひょっとして、魚が頭良くなってるんじゃないか?
20181002_044517.jpg網の位置を知られているとか、網の構造がバレているとか、魚の道がズレているとか?
まさか魚が自ら水揚げ量を調整して、相場を操作しているとか?
休み明け木曜日も、満を持して「福浦」定置の地魚爆弾が大炸裂する見込み。
今週いっぱいでその役目を終える築地市場の代役として、休業期間中の来週だけでもポスト築地の座を勝ち取るべく、今週から来週にかけての地魚集荷強化週間は、より一層の本気モードで臨まなければならないのだ。まさに魚市場界の明智光秀。
20181002_0251.jpgじゃんじゃん魚獲れてよ〜、行くよ〜。平塚ジャンジャン?!
って、まさに三日天下。
posted by にゃー at 17:56| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルバラシマガツオ

20181002_073949.jpg
ぽっこりお腹は珍種の証

「エチオピア」?

の声に

うんにゃと一言。

では?何だ?

・・・

今朝は

あちこちの定置網に

「カツオ」や「ハガツオ」

が獲れたけれども、

市場の片隅に一匹、

この

「マルバラシマガツオ」

がいたことに

気付いた人は

誰ひとり

いなかっただろう。


そう・・

庭木をいじる

薔薇マニアなら

知っている。

秋バラは、

春バラの季節に比べて

ぐっと花の数は減り、

地味な印象を与え、

咲かせる楽しみは

少ないかも知れないが

それだけに

ひっそり咲いた

一輪の

愛おしさは、

一層深い・・。

そんな深い相模湾から

やってきた

一匹の黒い魚。

普段見掛ける

「シマガツオ(エチオピア)」と

どこが違うか

20181002_pia.jpg

判りますか?

ま、名は体を表すの通り

腹回りが特徴的に

出ているのが

お分かりいただけると思います。

山のように魚が獲れた

時化後の朝、

期待を抱いた

岸壁に

たった一輪咲いた

珍魚

その一匹を

愛おしく愛でる。

それが

「珍魚魂」

というものだ。

そんな時流すのは

「君は薔薇より美しい」

ではない、

♪バラはバラは 
     気高く咲いて

♪バラはバラは
     美しく散る

「ベルサイユのばら
オリジナル・サウンドトラック」

一択だろう。

ちなみに

この一匹は、

セリで

他の魚と混載され

一山100円にて

あっさりと

買われていった・・・
.
posted by にゃー at 17:23| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする