2018年10月05日

活ニセカンランハギ

20181005_0410.jpg
「橄欖(かんらん)」とは
緑色の実を付ける
植物の一種

「橄欖(かんらん)石」とは
「ペリドット」という
名で知られる
緑色に輝く宝石

なるほど

で、
「カンランハギ」

偽物って?

本物も
よく似ている
らしいが、

色や模様で
区別できるらしい。

で、結果、

コイツは
「ニセカンランハギ」

でした。

・・・

かつて
記録された
「ニセカンランハギ」


東伊豆の定置網で
獲れたモノ

でしたが、

今朝は、

小田原
米神漁場
の定置網に
入りました。

活魚だけあって

その美しさは
一級品。

前の個体は
スレて

色合いも
よく分からないまま
でしたが、

コイツは
大きさも十分なら
成熟度も高く、

まるで
標本通りの
個体でした。

普段は

沖縄あたりに
しかいないと
言われる魚

突然の
来訪に

一部の人だけ

興奮!?

めんそーれ
小田原!

・・・

魚らしからぬ
丸みを帯びた顔つきや
20181005_041033.jpg

その南国系の模様や色使い
20181005_041047.jpg
肉付きも良く

今朝の
活魚の中では

注目度No,1

・・・

おそらくは、

沖縄から

日本一周の
旅人に化けて、

本州に沿って
北上し、

小田原の海に
来たところ、

道の駅ならぬ

海の駅とも
言うべき
定置網で

御用

となった・・

なんて
タイムリーな魚

つまり

ニセの旅人
カン獄から
ラン(RUN)した
ハギ

って事ですね。

納得
.
posted by にゃー at 17:56| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場に込めた思い

「米神」定置:マイワシ 1.4トン、イボダイ 450キロ、イナダ 830キロ、ヒラソウダ 260キロ、小サバ 200キロ、ヤマトカマス 110キロ、イサキ 70キロ、アカカマス 80キロ、サバ 70キロ、マルソウダ 60キロ、ヘダイ 40キロ
「石橋」定置:イナダ 180キロ、小イサキ 400キロ、マイワシ 1トン、ヘダイ 230キロ、イボダイ 130キロ
「 岩 」定置:イナダ 1.2トン、メジマグロ 400キロ、サバ 410キロ、小サバ 150キロ、ヘダイ 140キロ、マダイ 160キロ、ヒラソウダ 240キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アカカマス 310キロ、小サバ 620キロ、イボダイ 200キロ、サバ 180キロ、アジ 100キロ、チダイ 80キロ、ヤマトカマス 50キロ、イサキ 100キロ
「福浦」定置:イナダ 270キロ、サバ 220キロ、小サバ 200キロ、メジマグロ 200キロ、ヒラソウダ 50キロ
「大磯」定置:小サバ 190キロ、小イサキ 90キロ、アジ 60キロ、ヒラソウダ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 170キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ ほか

20181005_0500.jpg再び列島を尻目に日本海を突っ走る台風25号、影響の小さいことを祈りながら、連休に備える。
対して、明日で計画運休に入る築地市場を尻目に、我々は連休はしっかり休んで、休み明けに突っ走るのみ。
posted by にゃー at 17:28| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする