2018年10月12日

魚市場は奇跡でできている

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 360キロ、ヒラソウダ 240キロ、小サバ 150キロ、イサキ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 310キロ、ヒラソウダ 200キロ、ヤマトカマス 120キロ、イナダ 160キロ、サバ 50キロ
「 岩 」定置:小サバ 500キロ、ヤマトカマス 360キロ、ヒラソウダ 370キロ、イサキ 60キロ、イナダ 60キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 1.4トン、小サバ 220キロ、サバ 70キロ、アジ 60キロ
「福浦」定置:イナダ 1トン、マイワシ 1.8トン、シイラ 390キロ、ヒラソウダ 200キロ、小サバ 400キロ、ショウゴ 50キロ、サバ 50キロ
「大磯」定置:マイワシ 490キロ、ヒラソウダ 140キロ、アジ 110キロ、小サバ 60キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヤマトカマス 50キロ ほか
「福浦釣船」:釣カツオ 50キロ ほか

東方面からは、
「平塚沖曳」:生シラス 30キロ

和歌山船 ・・・ 釣キンメダイ 90キロ

20181012_0544.jpg世間の関心が豊洲へと注がれている今、この時とばかりに軽めの水揚げで一息つくのが小田原流?
いえ、ただ単に雨と黒潮分流の波及効果の低下による魚群の減少が原因とみられる。
20181012_0444.jpgこれはマスコミの中継車が二車線道路の一車線を占拠した故に発生した初日の渋滞が、二日目の今朝はその姿がまるで消えて、道路がスムーズに流れたという話をスルーする不思議とオーバーラップする不思議。
posted by にゃー at 19:55| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする