2018年10月30日

魚市場肯定感を高める方法

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 380キロ、マルソウダ 90キロ、ヤマトカマス 160キロ、イナダ 75キロ、アジ 60キロ、サバ 70キロ、ヒラソウダ 260キロ、小イサキ 260キロ、ウルメイワシ 50キロ
「石橋」定置:ヒラソウダ 330キロ、ヤマトカマス 310キロ、小イサキ 260キロ、サバ 100キロ、小サバ 90キロ、アカカマス 90キロ、アジ 40キロ
「 岩 」定置:小イサキ 160キロ、サバ 140キロ、アカカマス 90キロ、ウルメイワシ 80キロ、小サバ 70キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 290キロ、アカカマス 140キロ、ショウゴ 70キロ、サバ 80キロ、ヒラソウダ 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小イサキ 220キロ、アジ 110キロ、小サバ 120キロ、アカカマス 70キロ
「福浦」定置:イナダ 700キロ、小サバ 200キロ、アカカマス 90キロ、ヤマトカマス 80キロ
「大磯」定置:アカカマス 220キロ、ヒラソウダ 140キロ、ヤマトカマス 90キロ、アジ 45キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アオリイカ 60キロ

否めない。定置網の漁獲が減った事は否めない。
否めない。「ショウゴ」が一日で終わったのは否めない。
否めない。「ヒラソウダ」が安いのに脂ノリノリな事は否めない。
否めない。「アオリイカ」が確実に大きく多くなってる事は否めない。
否めない。「カマス」の水揚げは少量安定し、高止まり傾向が否めない。
否めない。「マサバ」の水揚げも今後も増減し、高値安定化する事が否めない。
否めない。外国人技能実習って、移民政策の言い換えであることを否めないが、漁業者の人手不足を補う意味で重要な制度であることを否めない。
posted by にゃー at 16:30| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする