魚体中骨抜き器販売中

2018年11月26日

セトウシノシタ

20181105_setoshima.jpg
いつもの
「シマシタ」と

違ってマシタ

ビビビと

レーダーが
反応

シマシタ。

「福浦」定置の
雑魚セットの中の

一匹

10センチ程度の

一匹

小田原の
刺し網で獲れる
20181130_0749.jpg
「シマウシノシタ」
より小さい感じ

牛の舌

というより、

ヤギの舌。

「シマウシノシタ」
とは

尾びれで
区別する

「シマウシ〜」は
つながって見えるが

「セト〜」は
♪日暮れて夕波小波〜
って山上路夫、天才か

もとい、
「セト〜」は

尾ビレがちょこんと

くっついている様に

見える。

でもって、

「シマウシノシタ」は
得てして

身が厚く

食べ応えがある。

しかし、

ボーダー柄を
太って見えると

嫌う人に
言いたいのだが、

「シマウシノシタ」は
しましま模様であっても

太っているのが
当たり前であって、

決して
太ってるから

しましま

なのではない

と言うことだ。

だから

しましま=太っている

ではなく

太っている=しましまがよく似合う

なのである

と、思いマシタ
.
posted by にゃー at 11:11| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

魚市場は伝説のチャンピオン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 930キロ、アジ 540キロ、マルソウダ 200キロ、サバ 60キロ、イナダ 50キロ
「石橋」定置:アジ 700キロ、マルソウダ 270キロ、アカカマス 120キロ、ショウゴ 70キロ、サバ 60キロ
「 岩 」定置:アカカマス 220キロ、アジ 100キロ、マルソウダ 120キロ、サバ 70キロ、シイラ 50キロ
「原辰」定置:ショウゴ 170キロ、サバ 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 310キロ、イボダイ 180キロ、アカカマス 200キロ、サバ 140キロ、ショウゴ 90キロ、タチウオ 40キロ
「福浦」定置:小サバ 350キロ、アジ 50キロ、サワラ 50キロ
「大磯」定置:サバ 160キロ、アジ 100キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 570キロ、サバ 70キロ

20181124_0514.jpg今日の水揚げ、
カマスがドン!アジがドン!ウズワがパッ!で
「ドン・ドン・パッ!」
フレディの命日に「ドン・ドン・パッ!」
20181124_0356.jpgショウゴもドン!サバもドン!イボダイがパッ!で
「ドン・ドン・パッ!」
フレディの命日に「ドン・ドン・パッ!」
20181124_0345.jpgその他、雑モン入れて本日の合計水揚げ6.9トン!
We Will ロッキュー!
posted by にゃー at 17:05| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

ホントにあった魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 1.4トン、アジ 540キロ、ショウゴ 180キロ、ウルメイワシ 180キロ、マルソウダ 250キロ、サバ 80キロ、イナダ 60キロ
「石橋」定置:アジ 1.3トン、アカカマス 100キロ、マルソウダ 150キロ、サバ 100キロ
「 岩 」定置:アジ 250キロ、マルソウダ 170キロ、アカカマス 220キロ
「原辰」定置:マルソウダ 200キロ、ショウゴ 150キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 240キロ、サバ 200キロ、小サバ 160キロ、小イシダイ 60キロ
「福浦」定置:イナダ、ショウゴ ほか
「大磯」定置:アジ 80キロ ほか

伊豆方面からは、
「富戸釣船」:釣ムツ、釣メダイ ほか
「川奈杉本」:メジナ 50キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 590キロ ほか
「江ノ島網」:キハダ 370キロ、アジ 100キロ、メアジ 190キロ

20181122_1122.jpg本日、11月22日。
街で良く見るナンバー「11-22」。
世の中、そんなに「いい夫婦」っているんでしょうか?
20181122_18car.jpg魚市場で働く人間御用達ナンバー「・・18」。
中には1+8=9(カブ)にちなんだギャンブラーも。
そして場外で駐禁取られる車、
ほぼ「県外ナンバー」。20181113_porch.jpg
楽しい時間はあっと言う間。
みなさんも気をつけられたし。
posted by にゃー at 12:45| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

北風小アジの魚市場太郎

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 1.2トン、マルソウダ 250キロ、サバ 120キロ、ウルメイワシ 110キロ、アジ 50キロ
「石橋」定置:アカカマス 320キロ、マルソウダ 250キロ、アジ 220キロ、サバ 60キロ、ショウゴ 50キロ
「 岩 」定置:アカカマス 130キロ、サバ 60キロ、マルソウダ 60キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ、マルソウダ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 1.2トン、小サバ 400キロ、サバ 280キロ、アカカマス 220キロ、ヒラソウダ 70キロ
「福浦」定置:小サバ 200キロ、マルソウダ 80キロ、サゴシ 45キロ、ヒラソウダ 50キロ、アジ 40キロ
「大磯」定置:サバ 150キロ、アジ 140キロ、アカカマス 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 330キロ

西「カマス」、東「小アジ」、北「初雪」、南「台風」
20181121_0515.jpg昔はこんな晩秋に「アジ」なんて獲れなかったものだがなあ・・とは長老の弁。
それでも獲れちゃってるんだから、いい事じゃない幸せならば。
今の「アジ」は、塩焼きにした時に独特の香りがしなくなったなあ・・とも長老の弁。
目の周りのとろりとした所が香ばしく、楽しみだったとか。
「小アジ」の場合、塩焼きよりも刺身や寿司使いが主となるし、目の周りをしゃぶる人もいないだろうから、とりあえず頭落としておきましょか。
posted by にゃー at 14:55| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

定置網は魚市場の特捜部

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 200キロ、ヒラソウダ 110キロ、サバ 120キロ、小サバ 70キロ、メアジ 80キロ、アカカマス 80キロ
「石橋」定置:マルソウダ 4トン、ヒラソウダ 50キロ、アカカマス 200キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 760キロ、アジ 220キロ、アカカマス 120キロ、ヒラソウダ 290キロ、サバ 100キロ
「原辰」定置:マルソウダ 100キロ、ヒラソウダ 90キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 520キロ、サバ 200キロ、アカカマス 110キロ
「福浦」定置:小サバ 200キロ、ヒラソウダ 110キロ、サバ 40キロ
「大磯」定置:アジ 240キロ、サバ 80キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 190キロ ほか

20181120_0601.jpg当市場では、50億mgもの「マルソウダ」を正当申告しているにもかかわらず、月明かりと共にGoneしてしまったのか、その群れは日に日に小さくなっていくばかり。
獲れた魚で司法取引はしないが、四方八方の顧客と取引を重ねることで、販売先とキャパを確保しつつ、地魚を武器にして日々人と金を集めることに苦心する。
20181120_0357.jpgしかし、このままでは魚市場が魚と原資の不足に陥る懸念のあまり、なんとか魚確保にと祈りを捧げるも、自然相手では酔っ払った長与千種に戦いを挑む様なものか・・
posted by にゃー at 12:07| Comment(2) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

魚市場好きにはたまらない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 2.4トン、ヒラソウダ 500キロ、ショウゴ 260キロ、サバ 150キロ、イナダ 210キロ、小サバ 120キロ、アカカマス 60キロ
「石橋」定置:マルソウダ 5トン、ヒラソウダ 290キロ、ショウゴ 150キロ、サバ 60キロ、ムロアジ 50キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 650キロ、ヒラソウダ 640キロ、キハダ 180キロ、小サバ 100キロ、サバ 70キロ、アジ 60キロ、シイラ 50キロ、ショウゴ 50キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ 380キロ、マルソウダ 140キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ショウゴ 470キロ、アジ 250キロ、サバ 160キロ、小サバ 260キロ、アカカマス 100キロ、
「福浦」定置:小サバ 250キロ、ヒラソウダ 710キロ、マルソウダ 200キロ、ウルメイワシ 60キロ
「大磯」定置:サバ 400キロ、アジ 170キロ、小サバ 130キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アオリイカ 30キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ、マルアジ 100キロ

20181119_0602.jpg「マルソウダ」なら砂浜から釣れるし、
「アオリイカ」なら堤防から釣れるし、
「ムツ」なら船から釣れちゃうし、
「キハダ」もまだいるなら、きっと釣れる・・はず?
季節は秋から冬へ。まだ釣ってない人は、寒くなる前に、お早く海へお出かけください。
可愛い相模湾のゆるキャラ達が、皆様と遊ぶのを楽しみにお待ちしております。
20181119_0312.jpgと言いつつ私は、全国からやって来る魚を見てあれこれと妄想するのが関の山。
今晩は福井の「ホッケ娘」とあんなことやこんなこと・・
posted by にゃー at 16:57| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする