魚体中骨抜き器販売中

2018年11月08日

抱かれたい魚市場ナンバー1

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 310キロ、ヒラソウダ 420キロ、サバ 240キロ、サバフグ 300キロ、マルソウダ 170キロ、小サバ 450キロ、アジ 80キロ、ヤマトカマス 60キロ、イサキ 40キロ
「石橋」定置:アカカマス 610キロ、アジ 170キロ、小イサキ 300キロ、小サバ 90キロ
「 岩 」定置:小サバ 1.1トン、アカカマス 1トン、サバフグ 250キロ、ヒラソウダ 480キロ、ヤマトカマス 160キロ、マルソウダ 100キロ
「原辰」定置:アカカマス 260キロ、ショウゴ 170キロ、サバ 70キロ、ヤマトカマス 40キロ、小サバ 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 520キロ、アカカマス 410キロ、小イサキ 80キロ
「福浦」定置:イナダ 640キロ、小サバ 250キロ、アカカマス 100キロ
「大磯」定置:アジ 50キロ、ヒラソウダ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 1.5トン

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 250キロ、マルソウダ 110キロ

20181108_0500.jpg今朝は再び「アカカマス」が盛り返し、各地で過半数を獲得。西海岸を中心として赤い州で票をまとめ、市場の中心議席を獲得。中でも伊豆、網代の大票田での圧勝は極めつけ。大きいモノから小さいモノまで「アカカマス」一色にまとめ上げた。
対する青色をシンボルカラーとする「アジ」は、東の湘南地方を中心に過半数を獲得、「サバ」の減少にあえぐ青魚支持者の票を集め、多数派を維持することに成功した。
その中で、個人的に注目をした赤青の良いとこ取りとも言える「アカゼモロ(ムロアジ)」の動向であるが、思った程に伸びず、目立った水揚げもなく、期待の「米神」漁場でも数キロ見掛ける程度であった。
外側は一見青いが、中身は赤身という狂信的保守層とも言える「ヒラソウダ」は、相変わらず強い。何がって、脂が強い。
まるでコーラとピザで出来上がったアメリカのポッチャリさんのように、しっかりと腹回りに脂をため込んでいる。まだまだ彼らの動きは見逃せない。
posted by にゃー at 16:58| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

マルゴシミノエビ

20181105_marugoshi.jpg
まさに相模湾のガンジー

武器を持たない丸腰主義

「ミノエビ」の仲間は

何度か
見掛けることは
あったが

ここまで

完璧な状態で

元気な個体は

初めて

眼がキラッキラして

赤い殻も
ツヤッツヤ

長い髭と
脚も揃い

まるで

ミス・インターナショナル2018
チェコ代表
ダニエラ・ザレサコファ
Daniela Zalešáková


さすがの
無抵抗主義

たっぷり
手の上で

堪能することが
出来ました
.
posted by にゃー at 20:02| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう魚市場を試しました?

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 150キロ、小サバ 120キロ、マルソウダ 110キロ、ヒラソウダ 90キロ、イナダ 60キロ、ヤマトカマス 70キロ
「石橋」定置:ヒラソウダ 520キロ、アジ 240キロ、イナダ 160キロ、小サバ 100キロ、ヤマトカマス 80キロ、小イサキ 80キロ、アカカマス 150キロ
「 岩 」定置:イナダ 150キロ、小イサキ 140キロ、ヤマトカマス 170キロ、アカカマス 300キロ、サバ 80キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ 60キロ、サバ 50キロ、ヤマトカマス 50キロ、ショウゴ 50キロ、アカカマス 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 340キロ、アカカマス 50キロ
「福浦」定置:イナダ 140キロ、小サバ 50キロ、ウルメイワシ 60キロ、アカカマス 50キロ
「大磯」定置:アジ 70キロ、マルアジ 70キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 550キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 220キロ

小田原・・・釣クロタチカマス 70キロ

20181106_0556.jpg今朝のおすすめ「ヒラソウダ」。丸々太って脂も乗ってる。秋の魚は寒い冬に備えてせっせと餌を食べて、太ってこその真価。刺身でマグロのトロに負けない実力は、今だからこそ。
20181106_0558.jpg同じく秋に食べたい魚として筆頭に個人的に挙げたいのは、通称「アカゼモロ」と言われる「ムロアジ」。こちらも今の季節、太りがピークに達し、まとまり始める。
今年はまだまだ見掛ける程度だが、徐々に各地で増えつつあり、近いうちにピークを迎えるだろう。
その時がチャンス。未体験の方は、是非、手に入れて鮮度の良い内に刺身で味わって欲しい。
posted by にゃー at 19:46| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

今が何倍も楽しくなる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 570キロ、アカカマス 350キロ、ヤマトカマス 230キロ、ヒラソウダ 250キロ、ハガツオ 120キロ
「石橋」定置:アカカマス 160キロ、イナダ 150キロ、小イサキ 120キロ、ヤマトカマス 60キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 320キロ、アカカマス 230キロ、イサキ 180キロ、、ヒラソウダ 160キロ、アジ 100キロ、マルソウダ 110キロ、イナダ 60キロ、サバ 40キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 190キロ、ショウゴ 180キロ、アカカマス 140キロ、ヒラソウダ 70キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 280キロ、ショウゴ 130キロ、イサキ 80キロ
「福浦」定置:イナダ 190キロ、ヒラソウダ 170キロ、小サバ 320キロ、イワシ混 120キロ、サワラ・サゴシ 120キロ、シイラ 100キロ、アカカマス 85キロ
「大磯」定置:アカカマス 40キロ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 100キロ、ヒラソウダ 40キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 270キロ
「真鶴定置」:イナダ 240キロ
「網代定置」:アジ 40キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 450キロ ほか
「江ノ島網」:アカカマス 95キロ

ドッと沸いたのは「小田原アジ」。周辺各地の定置網で相次ぎ大漁まつり。
「サバ」、「アカカマス」、そして「ショウゴ」が終わったかと思ったら、次は「アジ」が来た。
一時獲れていたサイズより、確実に成長しており、さらにお買い得になって帰って参りました。
20181105_0605.jpgその他、連休明けもあり魚種充実。
「サワラ」は沖でも釣れており狙い目。同じく「ハガツオ」も群れ接近中で、しかも脂乗りまくりの最高品質。
加えて「カワハギ」は、間もなくシーズン突入で走りの今が活魚で最も高値が出る時。
posted by にゃー at 17:33| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

キャノーラ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 590キロ、ヤマトカマス 140キロ、ヒラソウダ 190キロ
「石橋」定置:小イサキ 200キロ、小サバ 60キロ、ヤマトカマス 50キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 110キロ、ヒラソウダ 230キロ
「原辰」定置:ショウゴ 120キロ、ヒラソウダ 100キロ、ウルメイワシ 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イナダ 220キロ ほか
「福浦」定置:ショウゴ 870キロ、イナダ 750キロ
「大磯」定置:ショウゴ 200キロ、小サバ 130キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ、アオリイカ ほか
「網代定置」:アカカマス 60キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 65キロ
「江ノ島網」:チダイ、ヘダイ ほか

軽い仕上がり
あっさり揚がる
健康にも良い
菜種油で揚げるカツヲで
明日は勝負!
今週もまつりだまつり
posted by にゃー at 23:05| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオワニザメ

20181102_041728.jpg
ニポーンのミナサーン
コニーチワ

「OH!ワニザメ」
デース!

20181102_0417.jpg
日本では
サメのことを

昔から

サメ=狭目〜名前の由来とされる
フカ=深い所にいるから付けられたとする
ワニ=和邇〜日本神話に登場する海の怪物

などと呼んでいた
そうだが、

20181102_041701.jpgこの魚は
その名前を
二つも
使っている
実に
贅沢な名前の
サメと言えるのである。

20181102_041720.jpg
まるで

超濃厚こってり系
を思わせる

家系のようなサメ
とも言えるだろう。

20181102_041743.jpg全長4メートル弱?
重量約500キロ?
推定年齢??歳(♂)

にしても
「米神」漁場で獲れる鮫

日に日に大きくなっているのは

気のせいか?

この分では

月曜日には

「メガロドン」が

揚がってきても

おかしく無いだろう。

写真の個体

顔が若干小さく見えるのは

顎を持ち去られた後であるからで、

決して

小顔なサメ
だからではない。

ほぼ最大級

世界中の沿岸に

生息しているサメとされ

深場にもいることから

相模湾にも棲息しており

この20年内に

江の浦(2000年)、
二宮定置(2011年10月27日)などで

獲れている。
.
posted by にゃー at 22:50| Comment(2) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする