魚体中骨抜き器販売中

2018年11月01日

幸せをもたらす魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 310キロ、ヒラソウダ 110キロ、小サバ 120キロ、小イサキ 160キロ、アカカマス 60キロ、ウルメイワシ 60キロ
「石橋」定置:小サバ 80キロ、ヤマトカマス 80キロ、マルソウダ 60キロ、ショウゴ 40キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 120キロ、ヒラソウダ 170キロ、サバ 70キロ、シイラ 60キロ、マルソウダ 50キロ
「原辰」定置:ショウゴ 110キロ、ヒラソウダ 130キロ、ヤマトカマス 120キロ、サバ 80キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ヤマトカマス 50キロ、小サバ 50キロ
「福浦」定置:ヒラソウダ 140キロ、アカカマス 75キロ、イナダ 70キロ、小サバ 60キロ、ヤマトカマス 50キロ
「大磯」定置:アジ 70キロ、ショウゴ 35キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 2.7トン、ヤマトカマス 200キロ
「川奈杉本」:メジナ 40キロ ほか

東方面からは、
「江ノ島網」:ショウゴ 140キロ、チダイ 50キロ

小田原・・・釣クロタチカマス 190キロ

20181101_0514.jpgえ〜と、この頭は、ハロウィンの仮装衣装の忘れ物じゃ無いよね?
今朝も「ニタリ」獲れました。昨日より大きく、尾も長くて立派でした。
20181101_051.jpg身肉はこんな感じ。〆たばかりとあって、しばらくピクピクしておりました。
それを美味しそうと捉えるか、気色悪いと捉えるか、意見分かれるところですが、言わずもがなココは魚市場。
20181101_0741.jpg今朝はまた「カマス」、「マサバ」に次いで「ヒラソウダ」も減りつつあって、いよいよ迎える三連休に慄然。
天気は行楽日和、人出は期待できるし、イベント揃い。これで売れなきゃ嘘だとばかりに気合いの入る週末。
期待に応えて、明日こそ大漁。待ってましょ。
posted by にゃー at 17:01| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする