魚体中骨抜き器販売中

2018年11月10日

活トビハタ

今朝の珍客
20181110_0502.jpg
メジナのようで
メジナでなく

ハタのようで
ハタでない

それは何かとたずねたら

「トビハタ」

と出ました。

ハタの仲間で

おいしい魚とある

20181110_0501.jpg
形は丸く、肌は滑らか

まるでトビ(鳶)に
似ても似つかないが

名前の由来は

体色が鳶色

という事らしい

20181110_0502.jpg
このひげ面

呼ばれて飛び出て
ジャジャジャジャーン


ハクション大魔王
・・

いやむしろ

思わず
ニイハオ



声をかけたくなるような

ラーメンマン
・・

というより

不摂生で
無精髭を生やした
トビー・マグワイア
・・

結局それが

言いたかっただけ

スマン。

「メジナもどき」で

売られたのは

・・・

スマン。
.
posted by にゃー at 21:49| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニジギンポ

20181109_0900.jpg
雨上がりの
魚市場に

一匹の小魚
(全長約6センチ)

小カマスの山に混じってた

「ニジギンポ」

沿岸で

普通に見られる

小魚だが

定置網に入ることは

珍しい

で、
山のような

カマスの中から

見つけ出されたのも

滅多に無いこと

なにかの縁か

すわ吉兆か!?
.
ラベル:地魚 定置網漁業
posted by にゃー at 21:49| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジでいたすのは魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1.2トン、ヒラソウダ 850キロ、小サバ 770キロ、アカカマス 250キロ、サバフグ 110キロ
「石橋」定置:アジ 1トン、小サバ 200キロ、ヒラソウダ 300キロ、アカカマス 120キロ、サバ 170キロ、マルソウダ 90キロ、イナダ 50キロ、小イサキ 40キロ
「 岩 」定置:アジ 390キロ、アカカマス 280キロ、ヒラソウダ 400キロ、小サバ 190キロ、サバ 100キロ
「原辰」定置:小サバ 220キロ、サバ 160キロ、ショウゴ 140キロ、マルソウダ 170キロ、ヒラソウダ 70キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 210キロ、アカカマス 160キロ
「福浦」定置:イナダ 140キロ、小サバ 640キロ、ウルメイワシ 90キロ
「大磯」定置:小サバ 120キロ、ヒラソウダ 110キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 120キロ
「川奈杉本」:メジナ 60キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 90キロ ほか

20181110_0658.jpg味なことやるのは、マクドナルド。
今朝も「小田原アジ」は絶好調。
いよいよ100gサイズも視野に入り、ますます太って形も旨味も丸味を増して小田原の魚好きは大歓喜。
うれしい魚が市場を明るく飾ります。
posted by にゃー at 13:40| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする