魚体中骨抜き器販売中

2018年11月30日

魚市場の官能を呼び覚ます

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルアジ 560キロ、アジ 270キロ、アカカマス 150キロ、イナダ 150キロ、サバフグ 120キロ
「石橋」定置:マルアジ 700キロ ほか
「 岩 」定置:アカカマス 140キロ、マルソウダ 80キロ、ヒラソウダ 80キロ、マルアジ 60キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ 60キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アカカマス、マルアジ ほか
「福浦」定置:ショウゴ 250キロ、イナダ 40キロ ほか
「大磯」定置:小サバ 180キロ、サバ 60キロ

伊豆方面からは、
「富戸釣船」:釣ムツ 50キロ ほか
「川奈杉本」:メジナ 130キロ ほか

20181130_0401.jpg日に日に減少する地魚たち。
あれだけ連日、獲れていた「ソウダガツオ」でさえ姿を消した。
急に出て来て、ぶわ〜っと群れをなし畑を食い荒らし去って行く、イナゴの様なものなのか。
20181130_0550.jpg今朝は「福浦」で「カンパチ(ショウゴ)」こそまとまって獲れたが、その他の秋の魚は軒並み減少。
まるで黒柳徹子と話の合う人が、徐々に消えていくかのようでもあり、どこかその黒板も寂しげである。
20181130_0429.jpg突発的に「二宮」の定置網で、華やかな「サクラエビ」が獲れたところで量も僅かで、気がついた人さえ少ないのではないか。
明日から12月。
奇跡の逆転を「年末ジャンボ」に託す人の気持ちが、ちょっと分かる気がする朝だった。
posted by にゃー at 14:54| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする