2018年12月15日

魚市場ブロードウェイ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 470キロ、アカカマス 630キロ、サバフグ 130キロ、マルソウダ 180キロ
「石橋」定置:アジ 500キロ、アカカマス 110キロ
「 岩 」定置:アカカマス 460キロ、アジ 250キロ、カワハギ 120キロ、マルソウダ 120キロ
「原辰」定置:カワハギ 170キロ、ショウゴ 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イシダイ 160キロ、カワハギ 170キロ、アジ 50キロ、ボラ 60キロ
「福浦」定置:サバ 100キロ ほか
「大磯」定置:アジ 50キロ ほか

20181215_0611.jpg今朝は久々に「石橋」漁場の水揚げがあり、大きくまとまらない魚種を含めて綺羅星の如く、種類充実、併せて魚価充実の盛り上がりを見せてくれた。
「アカヤガラ」に始まり、「タチウオ」、「カンパチ(ショウゴ)」、「カワハギ」、「アカカマス(ネイラカマス)」、「ヒラソウダ」、「ホ20181215_061.jpgウボウ」、「マアジ」「イナダ」、少量組から「ムロアジ」、「カイワリ(カクアジ)」、「イボダイ」、「ハガツオ」、「クロタチカマス(ナガスミヤキ)」などなど。
そして、無視できないのが赤丸急上昇中の「二宮」定置で漁獲現在進行形の「イシダイ」と「カワハギ」たちである。
20181215_06063.jpg連日の入網は止まることを知らず、まだまだ週明けにかけて増えそうな勢いで、今が旬で激アツの超美味人気地魚のフィーバーをみずみず見逃す手はないだろう。
posted by にゃー at 15:53| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする