2018年12月20日

魚市場の火付け役

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 8トン、アカカマス 220キロ、サバ 80キロ、スルメイカ 40キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ハガツオ 300キロ、スルメイカ 240キロ、アカカマス 100キロ
「原辰」定置:マルソウダ 130キロ、ショウゴ 50キロ、スルメイカ 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 250キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ、カワハギ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:スルメイカ 180キロ、ハガツオ 40キロ

20181220_04.jpg昨日「岩」で獲れた「マルソウダ」が、今朝は「米神」定置に大移動。
明日はどこに入るのか?どのくらい入るのか?
20181220_0540.jpgあと気になるのは「ハガツオ」が、今年はよく獲れ、しかも獲れ続けている事。
ここに来ていよいよ4キロモノも登場し、まだまだ食べ頃をアッピールしている。
「スルメイカ」チャンスもまだ続きそうで、クリスマス前に「スルメイカ」でツリーを作るのも一興だ。
posted by にゃー at 18:13| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする