2018年12月22日

魚市場は毎朝グラン・プリ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 300キロ、マルソウダ 420キロ、ハガツオ 140キロ、アカカマス 130キロ、サバ 90キロ、イナダ 70キロ
「石橋」定置:アジ 480キロ ほか
「 岩 」定置:ハガツオ 270キロ、スルメイカ 170キロ、マルソウダ 130キロ、アカヤガラ 40キロ、サバフグ 50キロ、サバ 40キロ
「原辰」定置:ハガツオ 50キロ、ショウゴ 50キロ
「江の安」定:マルソウダ 80キロ、カワハギ 30キロ
「二宮」定置:アジ 90キロ ほか
「福浦」定置:スルメイカ 50キロ ほか
「大磯」定置:アジ 60キロ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣キンメダイ 50キロ
「富戸釣船」:釣ムツ 40キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 150キロ

今朝の小田原漁港水揚げは、5ヶ月振りのオールスター参戦で、まるで夢のグランプリ実現となりました!
台風による大打撃で一時はどうなるかと思われた小田原漁業ですが、なんとか年内復活。不可能を可能にする気合いと根性に拍手を送りたいと思います。
20181222_0541.jpg今朝の地魚の本命、対抗はどれでしょうか?
私のおすすめは、出遅れ組の「カワハギ」がまだまだ食べ頃、大きめを狙い撃つのが吉。
同じく「ハガツオ」も大きめが良いですね。獲れたて新鮮の小田原産ならではの味わいを是非お試し下さい。
他に「福浦」で獲れた「サワラ」が、型は控えめでも付きが良く、絶対美味の保障付き。
20181222_054.jpgおまけで東京湾の「タチウオ」は、大きいモノから小さいモノまで脂バッチリで、トロトロのウマウマ。お買い得で出回り始め、是が非でも手に入れたいところ。
それには先立つものが必要とお嘆きのアナタに、最後に丸得情報をご紹介。

◎ クリンチャー
○ レイデオロ
▲ ミッキーロケット

皆さんに幸運を!
posted by にゃー at 22:15| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする