2018年12月29日

年の瀬に平静を装う魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 130キロ、イシダイ 90キロ、アカカマス 70キロ、マルソウダ 70キロ、アジ 40キロ
「石橋」定置:サバ 110キロ、アジ 30キロ、ヒラソウダ 50キロ
「 岩 」定置:アジ 60キロ、スルメイカ 30キロ
「原辰」定置:ショウゴ 30キロ ほか
「江の安」定:ヒラソウダ、アジ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ、イボダイ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣イナダ 90キロ ほか
「川奈杉本」:ヒラスズキ、メジナ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ、サバ 50キロ

20181229_0440.jpg今年の活躍と言えば、二刀流。
魚市場でもその影響は大きく、今や漁師の二刀流も当たり前。
定置網に乗りながら素潜りや釣り漁をしたり、シラス網を曳く人もいます。
20181229_0514.jpgさらに刺し網を操業しながら素潜りや蛸壺漁をやってみたり、中には漁をしながら「みかん農家」なんて言う昔からの二刀流もいれば、漁師をしながら食堂や民宿、中にはサラリーマンをする人もいます。究極は漁師でありながら、陸へ上がれば猟師になるというまさに「両氏」もいたり、実に様々。
20181229_0513.jpg定置網や釣りの魚が少ない平成最後の年末。
それらのパワーをフルに活用して、最後まで魚を掻き集めたいと思います。
posted by にゃー at 18:14| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする