2019年01月05日

ヒラツメガニ

20181201_gani.jpg
珍しく活きた
「ヒラツメガニ」が!

甲羅の模様から

「Hガニ」と

呼ばれるらしい

定置網にも
刺し網にも

掛からないが、

シラスの

沖曳きの網に

入ったようだ
※シラスの沖曳きは禁漁中
※写真の個体は12月漁獲

数年前まで

東北方面から

度々入荷があった

ように記憶するが

最近は
あまり見なくなった
「ヒラツメガニ」

湘南の海岸にも

いるもんだな

そう言えば、

その昔(1980年代)、

湘南の海岸で
投げ釣りしてると

「キンセンガニ」


良く釣れた
気がするのだが、

最近は
どうなのだろう

港では
サッパリ見ないし、

忘れていたが、

フト思い出し

✌会いたくなった✌
.
ラベル:甲殻類 活魚 地魚
posted by にゃー at 19:22| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオホモラ

20181208_homo.jpg
OH!ホモラ!

お約束

まだ個体が
小さいためか

トゲが目立つものの

深場の刺し網に

掛かるとすれば

「オオホモラ」

と思われ・・

まるで

外国人が

呆れた際に

行う所作のように

第四歩脚を左右に

持ち上げた格好が

面白いが、

普段は

この脚で

貝殻などを持ち

体を覆い隠して

過ごす

カニ界の虚無僧

尺八は吹かないが

ホラなら吹くかも
.
posted by にゃー at 19:16| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオウミウマ

20190105_0308.jpg
おお!海!馬!

OH!でかい!

お約束

普通の
「タツノオトシゴ」
にしちゃ

でかくね?

まさしく

手のひらどっしり

重量級

「オオウミウマ」

30センチまでなるとか

こりゃ

食べられそうにない
「タツノオトシゴ」でも

なんとか

食べるところがありそうな程。

子どもを育てる
育児嚢

が腹に有るところから

オスと思われます。

そう、この仲間は

メスが

卵を産み

赤ちゃんを

オスが

産むのです。

オス最強!

普通のオスなら
材料持ち込みの職工だが

彼は
開発製造の工場長兼
出荷担当って言う・・

う〜む

オスも忙しい
.
posted by にゃー at 19:14| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大切にしたい魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 1.8トン、アジ 310キロ、サバ 1.2トン、ヒラソウダ 180キロ、小サバ 600キロ、アカヤガラ 70キロ
「石橋」定置:マルソウダ 1.3トン、サバ 490キロ、小サバ 280キロ、アジ 100キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 1.1トン、アカヤガラ 150キロ、サバ 140キロ、ホウボウ 65キロ、シイラ 50キロ
「原辰」定置:マルソウダ 120キロ、イシダイ 40キロ
「江の安」定:マルソウダ 120キロ、サバ 40キロ、イシダイ 30キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 140キロ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ、サバ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 1.7トン

小田原釣 ・・・ 釣アブラボウズ 160キロ
小田原潜 ・・・ アワビ 110キロ

20190105_0634.jpgじが獲れれば
いきは上向き
とそ気分もどこへやら
あての魚を
20190105_0533.jpgとしもいっぱい買いまくれ
よすの寿司屋に負けてたまるか
ろしく頼むぜ
う働者諸君!
20190105_0559.jpg
今日のヒラメ ・・・ 131枚
posted by にゃー at 18:51| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする