2019年05月18日

魚市場 is Back.

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 300キロ、サバ 120キロ、アジ 130キロ、マルソウダ 70キロ、サバフグ 160キロ
「石橋」定置:サバ 200キロ、チダイ 110キロ、アジ 65キロ、ホウボウ 50キロ
「 岩 」定置:小サバ 160キロ、マルソウダ 400キロ、アオリイカ 130キロ、アジ 60キロ、アカカマス 85キロ、サバフグ 40キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.2トン、メジナ 30キロ
「江の安」定:サバ 50キロ ほか
「二宮」定置:小サバ 40キロ ほか
「福浦」定置:イナダ 270キロ、サバ 160キロ、ジンダ 130キロ
「大磯」定置:アジ 360キロ、小サバ 280キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:クロダイ、アジ ほか
「熱海丸網」:メジナ 70キロ ほか
「真鶴定置」:サゴシ 950キロ
「沼津底曳」:クロダイ 140キロ ほか
「宇佐美網」:生シラス 50キロ 

下田釣船 ・・・ 釣オオクチイシナギ 180キロ

line_1558130891275.jpg夏の魚が出て来たと言ったばかりで恐縮だが、何故かこの頃、各地の定置網で「サバフグ」が獲れている。
「サバフグ」といやあ、12月頃に獲れるべき冬の魚。何故、この季節に獲れているのか疑問だが、低層の海水温が低いとか、旬の季節が過ぎると獲れ始める相模湾の「トラフグ」に歩調を合せているとか、色々言われているが真偽の程は定かではない。
時あたかも、時代遅れ感のある純粋スポーツ「スープラ」が再発売されたタイミング。
line_1558127008930.jpg「86」の成功で意気揚がるトヨタ自動車が、スポーツカーへ 真剣に取り組む姿勢を表明した一台とも言える車の登場で、その動向は大いに注目されるべきである。
30兆円企業となったトヨタだからこそできる道楽とも冒険とも言えるが、むしろ、この野心と開発力こそ、30兆という未曾有の売上高を記録する意欲と原動力となっていると思うのだ。
まさに魚市場も来期30兆を目指すなら、この「29(ふく)」の取捨が大事なカギを握っていると考えるべきであろう。
posted by にゃー at 16:52| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする