2019年05月24日

イヤでも映えちゃう魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 200キロ、カタクチイワシ 3.3トン、サバ 90キロ、サバフグ 130キロ
「石橋」定置:アジ 1.6トン、サバ 250キロ、チダイ 350キロ、カタクチイワシ 200キロ
「 岩 」定置:アジ 900キロ、カタクチイワシ 4.8トン、ボラ 90キロ、チダイ 80キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 450キロ、サバ 100キロ
「江の安」定:アジ 90キロ、カタクチイワシ 500キロ
「二宮」定置:アジ 300キロ ほか
「福浦」定置:ワラサ 3トン、イナダ 770キロ
「大磯」定置:小サバ 460キロ、アジ 55キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 400キロ、ワラサ 130キロ
「網代定置」:ワラサ 160キロ、アオリイカ 130キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ

20190524_0650.jpg♪鯵ャ好コ〜、to say 鯵 love you〜
これぞ「小田原アジ」って感じで、良くなってきましたぜ〜、一気に大きくなって肉厚、食べ頃、今が旬。
いつまで続くかわからないが、「シラス」が獲れなくなって出てくる「アジ」。一挙両得とは行かないところが自然の神様の粋な計らい。
美味しいモノを美味しいときにアジわうべきと、改めて教えられました。
posted by にゃー at 17:24| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする