2019年05月28日

魚市場にどうしろというのだ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 50キロ、小サバ 100キロ
「石橋」定置:アジ 1.1トン、小サバ 200キロ
「 岩 」定置:アオリイカ 150キロ、アジ 90キロ、サバフグ 60キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 400キロ ほか
「江の安」定:アジ 80キロ、カタクチイワシ 50キロ
「二宮」定置:アジ 1トン ほか
「福浦」定置:ワラサ 1.6トン、イナダ 2.8トン、マダイ 120キロ
「大磯」定置:アジ 200キロ、小サバ 440キロ

伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣ケンサキイカ 200キロ

今日は朝から風が強く、天候も下り坂で魚の動きの乏しい中ではあったものの、今朝も「小田原アジ」を筆頭に「アオリイカ」、「イナダ」、「マダイ」、「ケンサキイカ」、「イサキ」に「ムツ」、明日の小田原漁業を担う宝の山が、魚市場という迎賓館にこれでもかと顔を揃えた。
錚々たる旬魚の顔ぶれは、まるで大統領を迎えた日本企業経営者の顔ぶれに匹敵する存在感を放ち、中でも遅れて来た大物「ワラサ」は、評価を二分する特別待遇であった。
それに対し「イナダ」や「アジ」は、安定した人気のある魚であり、しかも大漁であったことからも多くの購入希望者を集め、その為大口集中で、意外にも競争率の高い五輪チケット並のプラチナチケットとなっていた。
posted by にゃー at 21:59| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする