2019年06月10日

マダラトビエイ

20190608_055722.jpg
水玉模様の風呂敷が飛んできた?

いえ

コレはエイです

トビエイの仲間です。

「ナルトビエイ」は
模様がありませんが、
水玉模様は
「マダラトビエイ」

覚え方としては、

シャーロック・ホームズは
「まだらのひも」

ブルガリアの岸壁にあるのは
「まだらの騎士」

洋食屋さんの注文は
「まだらのフィーレ」

定岡が出ていたのは
「生ダラ」

そしてコレは
「マダラトビエイ」

と関連づけると
簡単に覚えられます。

20190608_055756.jpgこの犬みたいな顔が特徴。
強力な顎で貝や甲殻類などをバリバリ食べます。
その食欲は脅威で、仲間の「ナルトビエイ」は集団で行動するため、その食害がよく話題になります。

この
「マダラトビエイ」は

数年前に
獲れた時も
そうだったが、

一匹だけ獲れる様に

単独行動を
好むのかもしれない

20190608_055709.jpg
両手一杯に拡げる位のサイズ感

このサイズが
一枚

ヒラヒラ
泳いでるだけでも

相当なインパクトと

威圧感がありますよね
.
posted by にゃー at 18:04| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スジハナビラウオ

20190610_060314.jpg
これは
初見

「イスズミ」のようで「イスズミ」でない

「イボダイ」のような顔つき

「メダイ」のような丸っ鼻

「クラゲウオ」のようでもあるが

ちと違う・・

20190610_060344.jpg
う〜ん

ん?

「スジ」?

「ハナビラ」?

・・・

この二文字で
卑猥な想像をした

アナタ

余計な事は言いませんが

思わず

ハイタッチを
したくなる気分です。

そう

これぞ初見の

「スジハナビラウオ」
です。

おお〜!

最近、

アチコチの定置網に

「アカクラゲ」が

大量に入っており、

同時に20190610_060mdi.jpg
「メダイ」の
幼魚も

まとまって
獲れているのだが、

その仲間である
彼らも

一緒に付いて
泳いでいるのだろう

これほどまでに
まとまった記憶は無いが

クラゲが獲れている限り
この「メダイ」の仲間達も

まだまだ
獲れるだろう。

小さくても
充分刺身でイケる

今こそ
隠れた高級魚
「メダイ」が

格安で
手に入る
チャンス!

メデタイ
メデタイ!
.
posted by にゃー at 18:04| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨に打たれて朝に泣く魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 130キロ、ウルメイワシ 140キロ、サバフグ 130キロ、カタクチイワシ 170キロ、マイワシ 110キロ、アカカマス 60キロ
「石橋」定置:アジ 330キロ、カタクチイワシ 30キロ
「 岩 」定置:ワカシ 120キロ、サバフグ 110キロ、シイラ 50キロ、小メダイ 60キロ
「原辰」定置:アジ、アオリイカ ほか
「江の安」定:シイラ 50キロ、ワカシ 50キロ
「二宮」定置:アジ 100キロ、サバ 50キロ、マイワシ 110キロ、カタクチイワシ 50キロ
「福浦」定置:ワカシ 230キロ、シイラ 90キロ
「大磯」定置:アジ 60キロ、小サバ 90キロ

20190610_055735.jpg昨日からの雨、思わず震えるこの寒さ。
流れる潮は早く、人の動きも乏しい週末を終え、注文も少ないと来た。
別にそれに合せて少なく獲って来たわけでも無いが、まるで魚が少なくなった。
まとまった魚以外は全て一点もののオンリーワン。
20190610_055603.jpgセリでの一発勝負だけに高値も出るが、あまりの少なさに熱気も冷める嫌いあり。
それにしても魚はどこへ行ったのか?
ひょっとして集団で定置網以外に顔を出す闇営業でもしてるとか?
あ、それとも香港にでも行った?
posted by にゃー at 17:25| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする