2019年06月18日

魚市場ウォーカー小田原版

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 430キロ、マイワシ 150キロ、アジ 170キロ、サバ 200キロ、ウルメイワシ 70キロ
「石橋」定置:アジ 480キロ、マイワシ 180キロ、ウルメイワシ 50キロ、アカカマス 50キロ
「 岩 」定置:アジ 250キロ、マイワシ 320キロ、ボラ 290キロ、小サバ 120キロ、シイラ 80キロ、カタクチイワシ 50キロ
「原辰」定置:マイワシ 310キロ、アカカマス 70キロ、オキヒイラギ 50キロ
「江の安」定:アジ 100キロ、マイワシ 50キロ、カタクチイワシ 70キロ
「二宮」定置:アジ 670キロ、ワカシ 130キロ、ウルメイワシ 130キロ
「福浦」定置:ワラサ 280キロ、シイラ 70キロ、小サバ 500キロ、サバ 300キロ、マイワシ 150キロ、ウルメイワシ 70キロ
「大磯」定置:小サバ 800キロ、アジ 80キロ、サバ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アオリイカ 60キロ ほか
「伊東釣船」:釣ケンサキイカ 230キロ
「山下丸網」:ワラサ 210キロ、イサキ 150キロ、ヒラソウダ 120キロ、イナダ 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 160キロ

今朝も「イワシ」と「アジ」の激しいせめぎ合いが行われる中、そのあおりを食った形の「カマス」は行き場を見失ったか、その数を減らしてしまったが、梅雨の合間と休みを挟んで、その量をどこまで回復できるか休み明けの漁模様に注目が集まる。
湘南方面の「アジ」にしても、小田原周辺の「アジ」にしても、気配があるだけで安心感があるものだが、毎日あるはずの「アジ」も、これか20190618_0732.jpgらの夏枯れを控えた季節の中では、ますます貴重な存在としてその価値が上がっていくことは間違いないだろう。
一方で楽しみなのは、伊豆先の「イカ」漁が、まだまだ精力的に漁師たちが活動しており、その活性は弱まりつつあるとは言え、市場にバリエーションを与えてくれる貴重な魚であることだ。
posted by にゃー at 16:26| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする