2019年06月22日

魚市場の新しい魅力

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 100キロ、マイワシ 270キロ、小サバ 150キロ
「石橋」定置:アジ 300キロ、ウルメイワシ 270キロ、小サバ 100キロ
「 岩 」定置:小サバ 440キロ、シイラ 50キロ、ウルメイワシ 70キロ、ボラ 70キロ
「原辰」定置:マイワシ 120キロ、シイラ 50キロ、ウルメイワシ 50キロ
「江の安」定:小サバ 980キロ、シイラ 60キロ
「二宮」定置:小サバ 350キロ、アジ 110キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 270キロ、シイラ 200キロ
「大磯」定置:ワカシ 190キロ、小サバ 440キロ

伊豆方面からは、
「東伊豆釣」:釣ケンサキイカ 190キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 40キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 65キロ
「腰越定置」:サゴシ 40キロ ほか
「佐島釣船」:釣カツオ 1.2トン

line_1561148425922.jpg今年もなぜか、夏至が6月の安心感。
今週も「小田原アジ」を獲り切った安堵感。
今日も天候不純の中、「生シラス」が来る安定感。
line_1561148449889.jpg今も「小サバ」を見ると笑顔になれるアンクル感。
posted by にゃー at 19:32| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする