2019年07月09日

人力魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 820キロ、ヤマトカマス 250キロ、小サバ 300キロ、マイワシ 350キロ、ウルメイワシ 460キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 100キロ、マイワシ 150キロ、サバ 200キロ、小サバ 130キロ、ヤマトカマス 90キロ、ワラサ 150キロ
「 岩 」定置:ワカシ 90キロ、ヤマトカマス 70キロ、シイラ 60キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 140キロ、ワカシ 70キロ
「江の安」定:シイラ 80キロ、ヤマトカマス 40キロ
「二宮」定置:アジ 130キロ、ジンダ 360キロ、ワカシ 350キロ、アカカマス 70キロ
「福浦」定置:マルソウダ 3.4トン、シイラ 100キロ、サバ 90キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「富戸定置」:シイラ 110キロ、マンボウ 50キロ、マルソウダ 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ ほか

IMG_20190709_042756.jpgみんな、朝から生まれたての子鹿のように震える朝、今日も涼しいかと雨滴る雲を仰ぎ見る。
鉛色の海は重く、小田原方面、「イワシ」のターンから「サバ」のターンへ・・
伊豆沿岸からの流れ穏やかも、湯河原方面、「マルソウダ」の覇権未だ揺るがず・・
流れるプールの湘南方面、「アジ」の生存を確認しただけでも収穫か・・
ただ気がかりなのは、急潮が「湘南定置」に及ぼした事案についてだ・・
posted by にゃー at 16:54| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする