2019年07月25日

うわさになる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 320キロ、サバ 150キロ、ウルメイワシ 90キロ、ヤマトカマス 80キロ、アジ 70キロ
「石橋」定置:サバ 300キロ、小サバ 200キロ、ヤマトカマス 70キロ
「 岩 」定置:マイワシ 700キロ、ヤマトカマス 200キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 90キロ、小アジ 55キロ、マイワシ 60キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 100キロ ほか
「二宮」定置:アジ 300キロ、小サバ 140キロ、ウルメイワシ 80キロ
「福浦」定置:マイワシ 400キロ、小サバ 320キロ、ワカシ 200キロ、マルソウダ 90キロ
「大磯」定置:サバ 220キロ、小サバ 920キロ、ヤマトカマス 80キロ、ジンダ 50キロ

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 300キロ、釣カツオ 80キロ
「下田釣船」:釣キンメダイ 140キロ
「山下丸網」:イサキ 450キロ ほか

東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 85キロ

和歌山船 ・・・ 釣キハダ 680キロ

20190725_08385.jpgいよいよ暑くなって参りました。
で、魚市場はどうかというと?
ご覧の通りじゃ。
「アジ」「サバ」「イワシ」・・・いや。「サバ」「イワシ」・・・。
いや正確には「イワシ」その他か・・・。
沖の目玉は、育ち盛りの渋谷や外苑付近と比べるとその成長遅く、週末に近付いたとしても影響は小さいと若干の油断。
相模湾の地魚は、おしゃれ着みたいなもの、ドライ(手洗い)コースでやさしく回してくれると、適度に海が揉まれてよろしいかと思います。
posted by にゃー at 18:16| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする