2019年07月30日

魚市場にディープな哀しみ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 8トン、サバ 1.3トン、小サバ 490キロ
「石橋」定置:マイワシ 3トン、サバ 100キロ、アジ 60キロ
「 岩 」定置:マイワシ 3.5トン、ヤマトカマス 130キロ、ワカシ 170キロ、マルアジ 60キロ
「原辰」定置:小アジ 180キロ、ウルメイワシ 800キロ、サバ 150キロ、マイワシ 70キロ
「江の安」定:マイワシ 160キロ、ウルメイワシ 330キロ、ヤマトカマス 50キロ
「二宮」定置:アジ 110キロ ほか
「福浦」定置:サワラ・サゴシ 1.7トン、アジ 310キロ、サバ 100キロ、ヤマトカマス 110キロ
「大磯」定置:サバ 200キロ、ワカシ 100キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 340キロ、サゴシ 520キロ、ヤマトカマス 150キロ、オキザヨリ 60キロ
「富戸定置」:サバ 170キロ、トビウオ 45キロ、小サバ 80キロ

デっかくなる前に獲れちゃった
イワシたち、今日もたくさん獲れました。
一杯になったダンベを
プールに見立ててみれば、まるで
イモ洗い。がっちり氷で冷やされ、満タ
ンのトラックで遠くへと運ばれた。
パンク寸前だった昨日の水揚げと
クらべれば、量こそ減ったが、それでも
トク盛のボリューム感。当然、単価は
安いが、それこそ量で稼ぐか
ら、そこは割り切って。とに
かく獲って獲って、獲りまくる。
にくらしい程、今日もイワシ一色。

.
posted by にゃー at 19:50| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする