魚体中骨抜き器販売中

2019年08月13日

魚市場は今日もマスカレード

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワカシ 1.6トン、ヤマトカマス 900キロ、サバ 470キロ、小サバ 350キロ、ウルメイワシ 400キロ、ホウボウ 100キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ワカシ 940キロ、マルソウダ 280キロ、ムロアジ 250キロ、ジンダ 220キロ
「原辰」定置:ワカシ 70キロ、小アジ 70キロ
「江の安」定:ワカシ 600キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「山下丸網」:ジンダ 450キロ、ムロアジ 140キロ、マルソウダ 100キロ、サバ 80キロ、小ムツ 80キロ

20190813_0434.jpg「ワカシ」がようやく使える大きさになって再登場。
「イナダ」が無い時、刺身に重宝する魚として、「アジ」が無い時、フライに使える魚として活躍すること間違いなし。
「ヤマトカマス(ミズカマス)」もいよいよ立派になって、そろそろ「新かます棒」の仕込みの季節。
9月にもなれば魚屋の軒先にカマスの頭で作った「カマス玉」が吊され、小田原市中に出回ることになるでしょう。
posted by にゃー at 12:57| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

漁港の魚市場は海の家

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 2トン、ワカシ 1.6トン、ヤマトカマス 1.2トン、マイワシ 2.1トン、ジンダ 410キロ、サバ 750キロ、アジ 150キロ、キハダ 140キロ(3本)、ホウボウ 150キロ、マルソウダ 70キロ、ヘダイ 50キロ、イナダ 40キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 1.2トン、ムロアジ 600キロ、マルソウダ 620キロ、ヤマトカマス 470キロ、ジンダ 480キロ、小サバ 100キロ、ワカシ 80キロ、サバ 60キロ
「原辰」定置:ジンダ 200キロ、小サバ 100キロ、ヤマトカマス 90キロ、ムロアジ 70キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 100キロ、アジ 40キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:マンボウ 60キロ ほか
「下田釣船」:釣キンメダイ 150キロ

20190812_1056.jpg立秋過ぎて、秋が始まりました。
魚種の豊富さは春に次ぎ、漁獲の多さは春に次ぎ、値段の手頃さは春に次ぎ、魚の美味さは春をも上回ると噂の季節がやって参りました。
明日は連休前の最終開市日。台風接近警戒下、さあアナタは明日、何を選びますか?
posted by にゃー at 12:26| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

魚市場の小道具

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 2.1トン、サバ 600キロ、ヤマトカマス 200キロ、ムロアジ 100キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ムロアジ 100キロ、サバ 80キロ、ヤマトカマス 60キロ
「原辰」定置:ムロアジ 200キロ、小サバ 120キロ、ヤマトカマス 80キロ、サバ 50キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 90キロ、小ムツ 70キロ
「二宮」定置:小サバ 600キロ、アジ 70キロ
「福浦」定置:イナダ 260キロ、ワラサ 70キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:サバ 50キロ ほか
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 480キロ

20190808_054437.jpg近頃、定置網でよく獲れる「ムロアジ」の仲間。
小田原や伊豆周辺で「アカゼ」と呼ばれる「ムロアジ」や、クサヤを作るのに最適とされる「クサヤモロ」、「オアカムロ」などが獲れる。
どちらもよく似た魚で、漢字で言うところの「柿(かき)」と「杮(こけら)」の様なものであるが、比較するポイントさえ抑えれば実に簡単である。
しかし今、一部世間では何故「クリスタル」ではなく「クリステル」なのかという「タ」と「テ」の違いが取り上げられているが、この魚も方や「ムロ」でもう一方は「モロ」と呼ばれる不思議が存在するのである。
実はその答えも単純で、その昔、「ムロアジ」が紀伊半島の牟婁(むろ)郡周辺で良く獲れたという由来があるそうで、それが変じて「モロ」とも呼ばれるようになったと「ぼうずコンニャク氏の図鑑」には書いてあった。
最初に変化させたのは誰なのか・・今となってはわからないし、ここまで定着してしまう歴史に敬服し、その重みに思いを馳せる週末である。
posted by にゃー at 22:13| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

このまま魚市場は見過ごすか

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.4トン、サバ 140キロ、ヤマトカマス 270キロ
「石橋」定置:サバ 250キロ、小サバ 250キロ、ヤマトカマス 150キロ、ムロアジ 60キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 120キロ、ムロアジ 100キロ、サバ 90キロ、ウルメイワシ 80キロ、ワカシ 60キロ
「原辰」定置:アジ 50キロ、ヤマトカマス 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 90キロ、ジンダ 40キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ジンダ 400キロ、小サバ 1.6トン、サバ 260キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 450キロ 
「神津島釣」:釣キンメダイ 120キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 230キロ

沖の台風10号、ますます判りにくい動きになってますが、一旦西へ向かってから東へ向くのでしょうか?
だとすれば、ますます影響が長期化しそうな雰囲気です。
書き入れ時の大事な連休前の他、下手したらお盆中の三連休にも悪天候が続くような事になりかねません。
line_1565292386504.jpg明日から一部定置網は網を抜くなど対策を施し、沖のうねり次第では操業に支障が出るかも知れません。
休み明けの月、火曜も魚市場は営業しますが、操業は微妙な段階に来ていると言えるでしょう。
台風通過で、海が揉まれ、魚種が増えるなど良い方へ変わってくれれば良いですが、その為に貴重な連休前と連休を邪魔されてはたまった物ではありません。
どうにか台風の進行を妨げるか、勢力を一気に弱める施策は無いものでしょうか。
posted by にゃー at 17:51| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

男と女と魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.4トン、サバ 450キロ、マルソウダ 450キロ、ヤマトカマス 280キロ、ウルメイワシ 100キロ、ワカシ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 600キロ、マルソウダ 130キロ、サバ 180キロ、ヤマトカマス 270キロ、ワカシ 70キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 500キロ、イナダ 110キロ、ムロアジ 50キロ、ジンダ 50キロ
「原辰」定置:サバ 60キロ、ジンダ 60キロ、ヤマトカマス 70キロ
「江の安」定:アジ、ヤマトカマス ほか
「二宮」定置:ジンダ 400キロ、イナダ 50キロ、ウルメイワシ 60キロ
「福浦」定置:マルソウダ 510キロ、小サバ 240キロ、ヤマトカマス 90キロ、イナダ 70キロ、ムロアジ 50キロ、小ムツ 50キロ
「大磯」定置:小サバ 560キロ、サバ 170キロ、ワカシ 160キロ、ジンダ 170キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:シマアジ、ヤマトカマス ほか
「沼津底曳」:マダイ 40キロ、チダイ 30キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 40キロ

♪サバだばだ、サバだばだ・・
今日も、サバだばだ、サバだばだ・・
明日も、サバだばだ、サバだばだ・・
きっと、サバだばだ、サバだばだ・・
posted by にゃー at 18:52| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

モーレツに魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 120キロ、サバ 190キロ、ムロアジ 75キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 260キロ、サバ 630キロ、ヤマトカマス 50キロ、ワカシ 40キロ
「 岩 」定置:サバ 100キロ、ジンダ 40キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 70キロ、サバ 60キロ
「江の安」定:アジ、ヤマトカマス ほか
「二宮」定置:ウルメイワシ 170キロ、ジンダ 130キロ、ワカシ 70キロ
「福浦」定置:サワラ 360キロ、マルソウダ 800キロ、ショウゴ 60キロ、ヤマトカマス 50キロ
「大磯」定置:小サバ 700キロ、ジンダ 30キロ

伊豆方面からは、
「富戸定置」:イナダ 230キロ、オキザヨリ 180キロ、ムロアジ 260キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 180キロ
「沼津底曳」:チダイ 30キロ、マダイ 30キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 310キロ

「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」と言えば、往年の東宝の特撮映画。
「ウルメ・ワカシ・カマス 決戦!相模湾の小魚」は、まさに小魚が乱舞する今の定置網。
本来なら「サワラ・ダツ・シイラ」の三大怪獣魚に期待したいところなのだが、ここは「サバ」と「アジ」の両巨頭が頑張ってくれないと、網のline_1565036631736.jpg魚にビシっと筋が通らないだろう。
がんばれ「小田原アジ」。
posted by にゃー at 23:41| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする