2019年08月20日

あおる魚市場にあおられる

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 2.2トン、サバ 280キロ、ウルメイワシ 70キロ、アジ 110キロ、マイワシ 70キロ
「石橋」定置:小サバ 500キロ、サバ 110キロ、アジ 60キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 130キロ、小アジ 60キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 60キロ、サバ 60キロ
「江の安」定:小アジ、ヤマトカマス ほか
「二宮」定置:アジ 600キロ、小サバ 2.4トン
「福浦」定置:サワラ、サゴシ 2トン、ワカシ 1トン、サバ 130キロ
「大磯」定置:小サバ 1.7トン、サバ 250キロ、アジ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:キハダ 1本

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ ほか

夏から秋にかけては「サバ」や「カマス」が増える季節であり、併せて春から初夏にかけて産まれた仔魚たちが徐々に大きくなって獲れ始める季節。「ワカシ」が増えたり「イワシ」が増えたり「カマス」が出たりと、方向感に乏しい地魚の水揚げにあって「小サバ」の安定感は信頼に足るもの。
それでも今年、肌で感じるのは圧倒的な貧漁感。これから増えるとか、少しずつ大きくなるとか言い続けては来たが、そろそろ変わっていい頃合い。と言うか、もう遅い。
先日の台風も大きな変化をもたらしたとは言いづらいし、かといって直撃されてはたまらない。
夏の魚も「シイラ」だけじゃなく「トビウオ」や「ソウダガツオ」類いも少ないし、夏にだけ獲れる「マツダイ」や「メイチダイ」、「ハマフエダイ」などの一級白身魚たちの少ないこと。
「福浦」の夏の「サゴシ」爆獲れは、「爆」まで行かなくても獲れたり獲れなかったりしてるので、チョット遅れてるだけと楽観視する人もいるようだが、気がつけば8月ももう20日。
フィリピン沖の低気圧の動きも気にしつつ、来週も頭を抱えることにならないことを祈るばかりだが。
posted by にゃー at 23:56| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする