2019年08月22日

見よ栄光の魚市場ーキュリー

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.2トン、サバ 400キロ、アジ 100キロ、ヤマトカマス 50キロ
「石橋」定置:小サバ 270キロ、サバ 140キロ、ヤマトカマス 80キロ、ショウゴ 50キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 280キロ ほか
「原辰」定置:サバ 100キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 50キロ ほか
「二宮」定置:アジ 1.2トン、小サバ 4.4トン、ショウゴ 60キロ
「福浦」定置:サゴシ 2トン、ワカシ 1.9トン、サバ 100キロ、キハダ 140キロ
「大磯」定置:小サバ 2.1トン、サバ 330キロ、アジ 110キロ、小アジ 200キロ、イナダ 180キロ、マルアジ 60キロ

伊豆方面からは、
「下田釣船」:釣キンメダイ 190キロ、釣メダイ 50キロ
「沼津底曳」:マダイ 70キロ ほか
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 280キロ、釣ヒレナガカンパチ 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ、サバ 100キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 530キロ

20190822_0828.jpgまさしく正を履んで畏れず。
商業の神であるマーキュリー(水星)を称えるのは水商売の魚市場も同じ、ということで、ついでに「エーオー」の雄叫びも。
隣国からは軍事情報包括保護協定「GSOMIA」の雄叫び。
我々にとって大事なのは、魚屋さんの「サバ」が思ったよりも良くならないとの声を受けて本日、「GOMASABA」の試食会。
気持ち涼しくなった朝に、恋しくなる秋の味覚。
明日はいよいよ「新サンマ」入荷の声も。
「エーヨー!!」
posted by にゃー at 17:40| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする